生物屋学生の日記

カニ屋兼魚屋兼骨屋兼…ないわゆる「一般人」の日常

チワラスボ

2017-05-19 22:07:15 | 海水魚
※今回のは画像が大きいので小さくして表示させています。クリックで元のサイズが表示されます。

こんばんは。
結局九州遠征ものから消費していくことになっていますが、今日は八代海で採ったチワラスボ(=チワラスボB種?)の紹介です。






本種はチワラスボ種群の他種とは
・下顎の下の髭が2-2-2となること
・背鰭軟条数が51~56本
であるところで見分けられるらしいです。(日本淡水魚類愛護会の西村さんに同定していただきました。ありがとうございます。)

チワラスボ種群は狙って採るよりも干潟ベントスを探しのついでに採れるような魚だなって印象でした。
本命じゃなくてもこんなのが出てこれば十分嬉しいですからね^^

結構気性が荒くて、捕まえると全力で咬みつきにきます。
20cmほどの大型のものは顎を閉じる力が強く、咬みつき損ねると「カポッ」と音がするほどでした。


今更ですが魚の記事を書くのはとても久しぶりな気がしますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白鳥三方 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。