kenの明日があるさ

私は夢という言葉が大好きだ、夢とは希望・目標…明日である!夢があるから壊れない。
勇気をだして一歩でも前に向かおう!

街朝物語

2017-05-19 09:15:26 | 思い出

早朝の街筋は塵の散乱、段ボールを寝床に、それを覚ますように掃除機がうなりを上げ、道路を磨いて行く頃から街の朝がはじまる。まだ覚めやらぬ商店街を足早に行くサラリーマン、配達車が乗り入れる。何時もの時間にいつもの所に出会う美人?今日もまた会えた、ただそれだけだ。デパートの開店の頃より湧いてくる人の波、パチンコ店の開店を待つ行列。百円ショップ、廉売店、昔の面影が消えゆく街筋。しかし周辺には外国ブランドの店舗が随所に開店し、反面閉店や改修が毎日どこかで起き様変わりも激しく、川は埋め立てられ地下街にか変わり、川の如く人が流れてゆく。裏通りに入れば雑居ビルの朝帰りの客、狭い道を客を求めてタクシーがゆっくり通り行く、夜の華やかなネオンは何処へいったのか。昨日の店は名が変わり、ペット店のワンちゃんが食事をなだり鳴き喚く。その中を駆けゆく遠き日の私を思いだしている今朝である、

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 展開自由 | トップ | 僕の老春聞いてよね »
最近の画像もっと見る

あわせて読む