kenの明日があるさ

私は夢という言葉が大好きだ、夢とは希望・目標…明日である!夢があるから壊れない。
勇気をだして一歩でも前に向かおう!

夢中になれるものは!

2017-02-13 18:47:18 | 思い出

誰でも夢中になるものがある。夢中とは夢を持ち続けることで私の心が燃えてくる。

その一つに写真がある、綺麗に撮ることよりも何に何を感じたか、自然の中に美しい部分や驚異の部分を探して撮る。ありのまま、感じたままを綺麗に撮るのが基本であるが、何故その風景を写すのかという視点がシャッターを押し出す。時間をかけて自然と会話してイメージを創り上げる。花であれば色彩感力、形力、咲き誇る様子によってテーマも決まる。花に出会って感動を覚え時がシャッターチャンスだ。

見るモノ感じたモノと会話しながら撮るために夢持ち続けよう!

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法要の旅 | トップ | 必要悪天下り »
最近の画像もっと見る

思い出」カテゴリの最新記事