kenの明日があるさ

私は夢という言葉が大好きだ、夢とは希望・目標…明日である!夢があるから壊れない。
勇気をだして一歩でも前に向かおう!

生き方に貴賤なし

2016-09-18 09:40:41 | 生き方

                                                            

                                                                   「明日香にて」


同世代の永六輔さんがいお亡くなりになった。著書の「職人」の生き方を多くの職人さんを通じて述べられている。縁あってリタイヤご第三の仕事に国指定の伝統工芸品の事務局を選び1余年間多くの職人さんと交流し、その生き様は六輔さんの著書の通りである。毎年伝統工芸品の大会が地方持ち回りで行われ六輔さんとは東京でお会いしたことが鮮明に覚えている。

全て手作り、素材や手法、産地など全て百年前の方法と同じでなければならない。徒弟制度で鍛え上げられた職人も高齢化で少なくなる中、課題は多い。六輔さん曰く職人は嘘をいわない、10余年間付き合ってきたが職人には貴賤がない。

この仕事を離れる時に生地、漆塗り、蒔絵などの職人さんの合作の手作りの小箱を頂いた私の宝箱である。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アレンジ技術? | トップ | 何も難しく考えないで »
最近の画像もっと見る

あわせて読む