kenの明日があるさ

私は夢という言葉が大好きだ、夢とは希望・目標…明日である!夢があるから壊れない。
勇気をだして一歩でも前に向かおう!

使ってわかる良さ

2017-04-21 13:10:22 | 活動

リタイヤ後は第三の仕事として全く新しい職を求めた、それは伝統工芸の世界だ。その中でも国指定の工芸品は全て手仕事である。一口にいって指定の伝統的工芸品は①主として日常生活の用に供されるモノ②作る過程の主要部分が手工業的③伝統的技術又は技法によって製造④伝統的に使用されてきた原材料⑤一定の地域に産地形成・・・と務めの初めに教わったのを覚えている。

徒弟制度で鍛えた職人さん(あえて技術者と呼ぶよりも親しみを込めて)気質は上手は云わない、嘘がない。機械化で大量生産時代のなかで代々から伝わった手作りは作り手の温もりは使い手に伝わってくる。退職時職人さんから記念に手作りの小箱を頂いた、生地作り、漆塗り、蒔絵、仕上げと美しく輝く私の宝箱である。

機会あるごとに伝統的工芸品の作り手の温もりが使い手に伝わり、使えば使う程よさがわかってくることを伝えている。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理屈より結果 | トップ | 老いてなほ夢求め »
最近の画像もっと見る

あわせて読む