kenの明日があるさ

私は夢という言葉が大好きだ、夢とは希望・目標…明日である!夢があるから壊れない。
勇気をだして一歩でも前に向かおう!

反たそがれ老人

2017-06-17 08:49:54 | 思い出

加齢とともに脳機能だけでなく運動が不活発になり、心肺機能も衰え骨粗鬆症などでつまずいたりして骨折を起こす方が多く目にする。

人間は本来、生き方しっかりしていれば高齢であっても矍鑠として生きられる。私もそうありたいと願い、まず足腰を鍛えようと腕立て伏せ、歩行最低5千歩を目標に励んでいる。体力には限界があり現状維持が精いっぱいだが、筋肉だけは年齢関係なく鍛えられると、毎日実施している。

自力で歩く力があれば老後も楽しい,健脚寿命を延ばして思う存分人生を楽しみたい、それは夢(目標、希望、創造、明日を信じる)を持ち続けることである。

たおやかや 余生のごとく 花菖蒲

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カメラが己を変えた | トップ | 85歳中ばで思う事 »
最近の画像もっと見る

思い出」カテゴリの最新記事