オーディオ再開!レコードで音楽を楽しもう

オーディオ、シアター、ゴルフ、etcみんな中途半端な趣味だった、もう一度このブログと共にオーディオを再開!

密度と量感の20A VS タイトでキレの18A電源聞き比べ

2017年07月14日 17時59分52秒 | オーディオ

現在使用しているラインアンプWE120Aレプリカの電源を聴き比べです




オリジナルのマニュアルにも、WEの120Aラインアンプの電源は



18A OR 20A と記載されている



どちらを使うのが本来なのか分からない

元々レプリカ120Aは18A電源を製作し使用していたのだが




更なる高音質を追って20A電源も以前に制作している





WE18A電源 VS WE20A定電圧電源


この音の違いは以前のブログでも書いた通りで




ストレートな音の18A電源に対し


量感があり、密度が濃くて、ピークディップの癖のない、



音の良い

WE-20A定電圧電源

以前の聞き比べの時は、ジャズ系を聴いていた時期であり



量感、音質より、


トランジャントや音のキレを求めて


シンプルな18A電源に軍配が上がり、そのまま使用となったが










最近また聞く曲がクラシックや声楽などの、穏やかな曲が増えてきたので





以前とは基準を変えて、もう一度プリアンプの電源の聞き比べを行ってみることにした





変えた基準は、クラシックセッティングでどう違うか



このクラシックセッティングはALTECではけっこうめんどくさい事です






まずは、高域の耳障りな音を出してはいけない



ゆったりと低域が豊かに鳴り


張りのある中域、刺激の無い高域に繋がらなければならない




言葉にすれば簡単だが、音にするとけっこう大変




豊かな低音も間違えれば、


どよーんとした佇むような低音になってしまう





刺激の無い中高域も間違えれば


霧のかなたと言うか、オブラードで包んだような音になってしまう





トランジェントの良い張りのある低域と

輝きを持ったままで刺激の無い高域、



これが基本です




出来るだけ公平に聞き比べするために、整流管は同じもので行ってみることにする




もちろん、整流管は泣く子も黙るWE-274B


を使いたいが電源用は1本しかない


差し替えながら電源を聴き比べるのはちょっと怖いので




STCの5R4GY 俗にいうCV717で行ってみる

これなら2本同じ新品がのがある

この球も今は馬鹿にできな高額品になってきた




4274と同じ!



なんてうわさもあったが、音は全く別物


まあシルバニアやRCAと比べればその音の密度の濃さはWE傾向に間違いはない




CV717の無駄な高域の乱れを無くし

低域の無駄な肉をそいだのが4274だと思えばいいのかな





その4274をぎゅーっと締めて、

音の乱れを皆無にして整え、感動の粉をパラパラと塗したのがWE274?







以前も書いたが

大きな声では言えないが、we274Aはほんとに凄いと思う

無駄なぜい肉は徹底手にそぎ落とされ


煌びやかさは皆無


濁り淀みを徹底的に排除

そして一糸乱れぬ音の整頓








テキトーな部品とテキトーな回路のアンプに挿して

やせ細った音になった

とか

音が良いだけで音楽性がないだとか

ばかやろ〜〜

軽自動車にフェラーリのエンジン載せたってまともに走るわけねーだろーが

ハアハア・・・
(心の叫びでした)










なかなかこんな全てが整った、音のいい整流管は無いと思います

良くないことは、値段が高いだけかな?





パワーアンプのWE91Bでは贅沢にもこれを使っている

予備も買いたいが・・・・

あと一本だけでも買えればいいのだが、今はちょっと・・・・




まあそんなわけで



今回は、なぜか最近急に高くなってきたCV717を二本使って聞き比べ


まずは18A電源で、ゲーリーカーのコントラバスのレコードで聞き比べ




輝きのある中高域と、張りのある中低域、そしてオルガンの重低域


18Aで聴くこの曲は





バランスが良い、音の抜けが良いからタイトに聞こえる



ちょっと辛口な音と言っていいと思う





オーディオ的に音が良い



・・・




対して20A電源は第一印象は緻密でふくよか





弦が少し太くなったような印象で



オルガンは明らかにこちらのほうがパイプが太い?




音の密度が濃いせいなのか、全体に優雅な演奏に聞こえる








うーん、以前の聞き比べとはだいぶ印象が違う




20Aはこれはこれでいいところがある



ことクラシックを聴くならこのくらいの量感と質感はあっていい気がする



ヌケが悪いといっても


あくまでも18Aと比べて音の抜けが悪いが



慣れてくればなかなかのもの






音のキレ、音の張り、トランジェント、比べれば・・・





だが慣れてくれば刺激の少ない



WE20Aのほうが良いのかなー





何度もつなぎ替えて、聴き比べていると










妻曰く
:聴きやすい方が音が良いに決まってるじゃないの‼︎



・・・・・・




そうですか〜


あくまでもクラシックを聴くなら、の前提では



WE20Aが気品と風格ある音で軍配!






































かな~?
『オーディオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 利便性、便利を手に入れると... | トップ | RA-1474改LCR型 と WE141改... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL