オーディオ再開!レコードで音楽を楽しもう

オーディオ、シアター、ゴルフ、etcみんな中途半端な趣味だった、もう一度このブログと共にオーディオを再開!

質の良い(上品な)低音とは

2016年10月14日 09時37分40秒 | オーディオ

前回コンプレッションドラーバーによる質の良い低音について書いたが




低音の音質は、好みがわかれるところかもしれない








一般的に質が良い(上品な)低音は



立ち上がりがよく、軽やか




明るい音色



ナチュラル



歪まない、多くの空気を動かせるスピーカーが、品の良いウーハーなのかもしれない






この考え方だと

現代スピーカーで最も品の良い低音を奏でる、代表的な物の一つは



音響機器と言う言葉がよく似合うまさに響きの良いスピーカー

この音を聞いて虜になってしまう方も多いのではないだろうか?




現代的な色合いも、見てくれも音も完成度が素晴らしいですね



音を歪ませないためにも、昔と違って

振動させるユニットの素材自体も現在では、歪まない様々な素材が使われるようになっているようで




歪みやすい、紙(コーン紙)最近はあまり使われなくなってきているようだ







たしかに紙だと歪んでしまうので低音再生には向かないのか?





いや、


現代でもコーン紙を使って、質と量を伴ったウーハーもいいものがあります

埼玉のPSDさんで聞かせていた頂いたこの低音は素晴らしいかったです

☆PSDさん、勝手に借用させて頂きすみません



どうやってこの低音を出しているのか分からないが


つながりの良さも含めて


量と質を伴った、質の良いウーハーの一つでしょう












では質の悪い(下品な)低音はどんな音がするのか

(jbl-4350は素晴らしいspです)

圧倒的で、爆発的な力感



心臓を手づかみされるよな圧迫感





窓ガラスをがたがた鳴らし、床を揺さぶるボディイソニックのような重低音



おもっ苦しいい、暗い重低音?




・・・


JBL4350は鳴らし方で、軽やかな低音も奏でるのですが・・・・








私も、今まで様々な重低音を試みてきました



以前も書きましたがEVの30W

これは空気が動くのがわかるのですが、我がリスニングルームでは

音が響かなかった





部屋の外の庭で聞くといい音なのだが、



部屋の中では音にならなかった





コンパクトなエンテックやボーズも使いましたが

違和感がある音でした




今も2台持っていますが


ヤマハは簡単にクロスや位相が調整できて、かなり低い音も、出ますが

今は映画用でしか使っていません

音楽再生にはちょっと、遅いのがデメリットです


楽器メーカーらしい風切り低音だが




これを使ってみると、やはり低音は

切れのいいものがいい・・・・・




と思えるようになる












低音の好みは






軽やかで、明るく響く低音



重く、暗く、量のある重低音





に分かれるのでしょうか?








やはり理想は


キレがあって、軽やかで、量があって、重みもある、それでもって明るく自然な違和感のない低音



・・・・・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魅力的な低音とは?、「紙」... | トップ | 魅力的な音とは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL