だから男と女はおもしろい

人と生まれた私たちに恋愛は心の渇きを潤す水といえなくもない
男と女が恋愛を求めるのは生きるための術といえなくもない……

「恋の成就」と「当の然」

2017年07月16日 16時11分11秒 | 男心はおもしろい

著名な作詞家であり、且つ直木賞作家でもある「故山口洋子氏」は、「恋愛は努力次第で80パーセント実る」といったそうだ。

80パーセントという数字のとてつもない大きさは、恋愛の経験がある女性だったら誰でもが感じる数字であるだろう。

すると恋愛の成就をなしえない原因のほとんどは、本人の努力不足ということになる。

 

 

山口氏の言っている「80%」という数字は、女性にとってもっとも大事な自分の恋愛を大切に守り、そして育てるために一番大切なことは、自分自身を知ることだといっているのです。

自分自身を知るということは、自分自身を見つめている目を、尊重することだといっているのです。

それも、毎日見つめている自分の目ではなく、相手の男性が見ている自分に対する目であり、相手の男性が感じている自分に対する心というものを、尊重することが大切だと言っているのです。

 

 

山口氏が言っている観点から、捨てられやすいタイプの女性をいくつか列挙してみた。

①自己主張が強すぎる女……男というものは、こころのなかに他人が入り込むことを絶対に拒否するというボーダーラインを持っていて、そこに入り込んできた相手に対しては、どんな相手であっても許すことをしない。

だから、日頃の彼がどんなにやさしく接してくれているとしても、度を越えてその越境ラインを踏み越えることがあり、その回数が複数回出たら、その侵入者に対しては絶対的に許すことができないという嫌悪感がうまれ、その嫌悪感は敵意としてこころのなかに君臨して、押さえることはもはやできないと考えたほうがいい。

 

②ダメ出しの好きな女……ダメ出しがいちがいに悪いとは言い切れません。

しかし、ダメ出しを使うのが癖になっている人がいるのは確かです。

子供がお母さんから、それはやっちゃいけない、そんな遊びはだめというようなことばかり言われていると、子供はなにをやっていいかわからなくなってしまいます。

あなたの前にいる彼にとっては、あなたは母親ではありません、上司でもありません、そのような女性は安らぎのない女と判断され、男は早々のうちにあなたの前から消えてしまうでしょう。

 

③女としての繊細さがない女……男らしい男ほど、女らしい女性を求めている。

あなたが女であるからこそ男はあなたに魅かれ、あなたが女らしい女性であるからこそあなたに心を寄せているのを気に留めなければならないでしょう。

あなたが心やさしい女として、女らしくふるまえる女性だからこそ、男は勇気をたずさえている賢明な女としてこころ眩しく接触できるのです。

 

④謙虚さを持たない女……「ごめんなさい」の一言がいえない女は、恋をながく持続できないと考えていいでしょう。

素直に謝ることができないことが男のメンツを波立たせて、愛の破局を迎えることが往々にあるのは事実です。

つつましい女の素直さは、美人であるとか教養があるとかいうよりも、はるかに男に好かれるという説得力を持っているといわれています。

 

 

女性は恋を獲得するために、恋する女としての証を彼に与えることを幸せとかんがえ、男が嫌がることを言動から消し去ることを、「当の然」として自覚することが果たしてできるのだろうか?

恋する女が自覚した「当の然」を、確認して容認することができるのなら、いますぐ相手から自分はどう見えているのだろうかを考えましょう?

 

わたしはどのような顔になって、彼の網膜に浮かび上がっているのだろうか、といったことを夢想してみることもおもしろいのではないでしょうか。

そして、その浮かび上がったあなたの顔が、数か月たったある日、どのようにあなたの夢想に浮かび上がってくるのかを考えると楽しいかもしれませんね。

これは、「励み」という気持ちを文章に飾っただけのものです。

 

恋する男のために、励むことのできる女は幸せになるでしょう。

幸せの気持ちをもてる女は、こころやさしいでしょう。

素直な気持ちを胸いっぱいに持って、彼と接触することです。

「当の然」は、80%の幸せを運んでくれるでしょう。

 

 

上掲とは別に、ある独身男性を対象にした結婚アンケート調査では、嫌いな女性のタイプとして次のようなものがあることを紹介したい。

①清潔感がない ②暗い ③品がない ④礼儀をしらない ⑤見栄っ張り ⑥自己主張が多い ⑦浮気っぽい ⑧自分勝手 ⑨態度が悪い ⑩お高い感じ

このアンケートの結果を見ていると、現代という時代においてふつうに見せている女性のすがたが、男の目から見ていやな感じとしてとらえられているような気がします。

ということは、現代の女性は心身共に開放路線をしっかり走っているのに対して、男性のほうからかんがえた恋人としての女性に期待するあり方としては、まだまだ開放路線とはほど遠い感じをい抱かざるを得ません。

言い換えてみますと、さいきんの女性が好んで羽織っているシースルーの布は、その透かしている女心で男のこころを癒してくれていると勝手に考えていますが、進歩が遅れている男から見ると、シースルーに目の疲れを取り払ってもらっている反面、シースルーの布を羽織っている女性に対して、はやる気持ちが生まれてこない状態なのかもしれません。

 

(参考文献)……愛する幸福 愛される幸福

 (作者)…………斎藤茂吉

 

 http:blog.goo.ne.jp/82nenko46

『恋愛』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚しない男性が増えている... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL