ハンパものの素

こんなことを考えてみる

豆苗

2017-04-19 | 日記的書込
実に7年ぶりの登場。


2017/03/28


日曜に観た「男子ごはん」で豆苗を使ったスープが紹介されていて、翌日にさっそく作ってみた。

家にあった発砲スチロールのトレーに水と一緒に入れておいたら、いいカンジに伸びて再収穫。
前の家は日当たりが良くなかったので、ひょろひょろで白ぽく育ったけど、今回はお日様をたっぷり浴びて青々と成長。

日中はリビングの窓のところにおいて、夜はキッチンの窓側に移すんだけど、面白いんもんで、日中はまっすぐ伸びていたものが朝になると、窓側(おひさま)の方におじぎしてる。
かわいいもんである。
(20170419)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿修羅像

2017-04-19 | 日記的書込
アシュラマンではない。


2017/03/25


木曜にNHKで放送されていたものを主人が録画していたようで、土曜の昼ごはんを食べた後にゆっくりと。

西側から伝わってきた神様の話は、前に放送されていた「仏の履歴書」でも触れられていたけど、CTスキャンで明らかになった塑像から表情を読み取るまでの工程なんて、気が遠くなる。
阿修羅像の制作を命じた光明皇后の想い…もちろん、現代人の解釈の1つでしかないんだけど、それを思うと、いつの時代も同じだなと。

録画した番組って、観たらすぐに消しちゃうんだけど、これは残しておいてもらお。
(20170419)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

009

2017-04-19 | 日記的書込
3回くらい、手に取る・戻すを繰り返した。


3月中旬だったかなー


イオンの催事で中古DVDとかブックワゴンをやっていたとき。
なんとなーく覗いてみたら、

「!!!」

私がラスベガスの帰りの飛行機でドはまりした「009」。
500円。
お買い得!!

とはいえ…観るかなー…どうしようかなー…と逡巡して、結局購入。

またあのワクワクを味わうのもいいよね
「オラ、ワクワクすっぞ」だわ。

カンケ―ないけど、アイデンティティの野沢雅子さんのネタおもしろいよね。
(20170419)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝日

2017-04-19 | 日記的書込
せっかくなので、有休をとった。


2017/03/20


3連休。
用事は特にないけど、主人の休みと合せて今日は有休を取った。
土曜も日曜もなんともグータラ過ごした。

せっかく天気もいいことだし、おさんぽがてら歩いて近くのおもちやさんへ。
もっと暖かくなったら、近所の散策もしたい。

おはぎと、くるみの大福と、キウイ大福



主人はキウイがあまり好きではないので、独り占め。
それを狙ってのチョイス。



イチゴ大福はおいしいけど、この年になっても邪道感がぬぐえない。
おいしいんだけどね。
おいしいものにおいしいものを入れたら、そらおいしいに決まっとる。

これが、キウイとなると邪道を突き抜けて「お!」と好意的にとらえてしまうから不思議。
あんこと、キウイのほどよい酸味でおいしかった!
(20170419)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機種変

2017-04-19 | 日記的書込
仕事用の、だけど。


2017/03/13


ついに仕事用のケータイもガラケーからスマホに。

最後まで使い慣れなかったな、DOCOMOのガラケー。
直感的に触れない、というか。

iPhoneも“直感的な操作”がウリなはずなんだけど、アンドロイダーにとっては「ボタンが1つ」っていうのがもう理解できない。

なんで「戻る」ボタンがないんだよ….。

また少しずつ慣れていくしかないな。
(20170419)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんでもない

2017-04-19 | 日記的書込
日常のありがたさ。


2017/03/11


土曜で、主人も休み。
特に”これ”といったことをせず…晩ごはんは丸亀。
(20170419)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生で初めて

2017-04-19 | 日記的書込
なすびを買った。


2017/03/07


苦じゃなく食べられるようになったのは、社会人になってから。
主人もそれほどなすびは好きではない。
ないならないで、全く困らない。

ところが、主人から
「今日、昼になすとひき肉のやつ食べられたよ」
とコドモのような報告。

「食べられるから、(晩ごはんに)なす出してもいいよ」と。

う~~ん…まぁ、私もそのメニューなら食べられるし…と、人生で初めてなすびを買った。

なすびといえば、同期を思い出す。
私と逆で、彼女はなすびは冷蔵庫に常備しているそうな。
今やエースの奥方。

ひき肉と炒めて、甘辛く味付け。
まぁ…こんなもんか。

恐らく、“次回”はない。
(20170419)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

買い占め

2017-04-13 | 日記的書込
あんまり売れなかったのかなー、ここのセブンでは。


2017/03/06


値下げされていたので、全部買ったわ。



これさ、箱もおしゃれなの。
ソナタの楽譜と街並みの絵。


内側なのに。

思わず『箱もください』って言ってしまった。

まぁ、じっくり見たあとで捨てるんだけど。
(20170412)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

題名のない

2017-04-13 | 日記的書込
音楽会


2017/03/05


今日はコンサート形式じゃないのか。

休日は『起きるまで寝る』。
でも今日は割と早く目が覚めてしまった。
主人はまだ寝ているから、先に洗濯やら何やらを済ませてしまおう。

指揮者にしかわからない世界なんだろうけど、こんなふうに指揮者が頭を寄せあって1つの曲、楽譜を見ながらあーだこーだ話しているのが面白かった。
(20170412)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラタモリ

2017-04-13 | 日記的書込
奄美大島。


2017/03/04-2


文化も食もソテツに支えられて暮らしてきたという。

大島紬。
テーチ木の汁で絹糸を染めて、鉄を含む泥に付けて染める方法。
タンニンと鉄が反応して黒くなるらしい。
「泥大島」っていう言葉はよく聞くけど、この泥から来ていたのか。
知らなかった。

これ、反物だけで試着風にする着方ね。
よく着物屋さんでやられるやつ。



泥田も繰り返し使うとタンニンとの反応が弱くなってしまうらしく、それを防ぐためにソテツの葉を入れるという。

島のおじさんの「運動会の玉入れではソテツの実を使う」というエピソードに笑ったけど、その後の「島の歴史と人々の生き方」のお話には胸を打たれた。

島津藩に納める黒糖を作るため、自分たちの食糧を作るための畑もサトウキビ畑になったという。
食糧のための畑がなくて何を食べていたかというと、ソテツの実。
毒をもつソテツの実を加工をして、でんぷんをとっていたんだそうな。
しかもその技術は、戦後の食糧難から島の人々を救ったという。
実際にそのソテツのおかゆを食べて戦後の飢えをしのいでいたおじいさんは「“空”を満たすだけだった」と話す。
でもね、その話し方は穏やかに笑いながらなの。
本当はすごくつらい経験のはずなのに。
ぐっときた。

マツコの知らない世界とブラタモリ、ついつい見逃しちゃうんだよなぁ。


「あ~ いい1日だったなぁ」なんて思っていたら、夜に頭と目の奥が痛み出した。
これって、もみかえしってやつか??
一気に血行が良くなって血管が拡張したから??
これはキツイ。
(20170412)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加