ひっそり主婦のこっそり学び

今日は気分が良い。
だが、これからは老化も忍びよってくる。
戦わずして勝つには・・・

gacco 「宇宙開発を通してみる私たちの社会」 10

2017年07月29日 | 科学


week4の最後は宇宙飛行士山崎直子さんのお話で締めくくりたい。

何故宇宙開発は必要か、その一般的理由として、
私は4つ挙げられると思ってます。

一つ目は宇宙開発の最先端の技術が私たちの暮らしを良くしてくれる。
既にBS放送・CSチャンネル、一週間先の天気予報・カーナビなどに使われている。
日本は「みちびき」という人工衛星を打ち上げているが、だんだん基数を増やしていけば、
最終的に数㎝の精度で自分の位置がわかるから、
車の自動運転に役立てたり、農作物の自動収穫にも役立てられる。
また津波情報をいち早くキャッチできる。

二つ目は宇宙開発のモノ作りが産業の発展に貢献する。
日本の実験棟「希望」を国際宇宙ステーションに取り付ける際の過程では、
国内約650の会社が携わってくれた。
その希望で使われている部品の点数は、
250万点にも及ぶという。
(ガソリン自動車数万点・飛行機や無人ロケット数十万点)
有人宇宙船になると部品の数はものすごく多い。

それらをまとめ上げていくインテグレーション(統合の意)技術も、
宇宙開発を通じて培われていく。

三つ目に美しい地球を守るという事。
人工衛星から写真を撮ったりすることで、
より地球の状態を知ることが出来る。
宇宙からの目ということはとても大切なことだと思う。

四つ目は宇宙の謎を解明して生命とは何かを知ることだと思う。
どんな分野でも突き詰めていくと、
「私たちはどこから来て、どこへ向かうのか」
という問いにつながってるように思う。

宇宙探査も様々な観点から宇宙を調べている。
小惑星探査機「はやぶさ」は小惑星からのサンプルを持ち帰ることが出来れば、
太陽系の起源を調べたり、
私たちの生命の源のヒントが得られるかもしれない。
火星からもサンプルリターンが出来るようになると、
より多くの起源がわかるようになるかもしれない。

その宇宙の生命と私たちの生命の遺伝子を比べることで、
どこまで共通しているのか、どこまで違うのか、
私たちは地球で生まれたのか、
あるいは宇宙の生命がもとになって進化したのか、
私たち自身の源を探る一つの大きなきっかけになるのではないか。

また現代科学の対応しきれないシナリオとして、
大型隕石の地球への衝突、あるいは太陽の異変による地球環境の変化などがあげられる。
これは私たち人類がもっているすべての知恵を集めていく必要がある。
そうした未来への事態に備えるという意味も宇宙開発にはある。

人は月まで行ったが、その先はまだ行ってない。
無人の探査機が、やっと太陽系を出れるまでに至った状況。

宇宙は銀河系が無数にあるという広大な広さがある。
その中で私たちのわかっていることはほんの一部でしかない。

今回の講座で宇宙についてのエッセンスを皆さんと一緒に学んできたが、
ぜひこれからも皆さん自身の興味を掘り下げていってください。
そうして学び続けて行ってください。



お話を聞いて、改めて壮大な世界だと知った思いである。

「地球家族」
なんて小さなものではないんですよ。
「太陽系家族」
ですよ。

子供の頃覚えた、
水金地火木土天海(冥王星は準惑星となった)
などがみんな家族なんですよ。

日本が、○○国が・・・の、
小さな!家族ではないんですよ。

宇宙研究は最先端の技術を開発しているが、
考え方においても最先端だと思った。

広い!世界!
そのうち太陽系家族ではなく、
宇宙全体が家族なんて時代も来るかも。

その頃には、人間はいなくなって皆ITロボットになってるかもだけど。
だって、太陽だって年をすれば、高温になっていくのです。
すると地球の温度は・・・
ですからね・・・

話が飛躍しすぎかもしれないが、
そう考えることで、
今の世の現実と向き合いながらも、
少しでも心を広くして考え、今をいい世界にしていかないとね。
限りある地球号なんだから。
(宇宙船地球号という言葉が講義資料の中にあった)

それにしても、
宇宙開発というものには、
すぐ結果の出ない、すぐには必要のないものもある。
このような宇宙研究を続けていくことを許可してくれた、
この日本に感謝です。

☆week4確認テスト終了&アンケートも提出☆

こんな、まとめ方の悪い宇宙関係記事を多くの方々に読んで頂き、
心から感謝いたします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« gacco 「宇宙開発を通してみ... | トップ | 伴侶の介護 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆりさんへ (ミッキー)
2017-07-29 23:19:55
壮大な世界
ズームを引いたり伸ばしたり
地球の上に立ち、その一点からでしか見ようとしなかった世界の私
宇宙からその最先端の技術を通し
地球を見いくお話が伺えてよかったですし 楽しかったです。
いつもありがとうございます。
ミッキーさま (ゆり)
2017-07-30 09:57:08
ミッキーさん、おはようございます

こんな記事にずっとお付き合いいただき感謝です

話がそれますが、今ムツカシイ物理学の本を読んでます。
その中に、
「地動説が正しいとわかったからと言って、
依然として私たちは天動説の言葉を使っている。」
ということが書かれてました。

「太陽が東から昇り西へ沈んだ。」というが、
地動説に基づけば、
「地球の自転によって自分のいる地表面が太陽の見える側にへ向き、
やがて太陽の見えない側に向いた。」
というのが正しいそうです

言葉というものがいつも正しく使われなくも、
もっと深いところでの真実さえあればいいのかもしれません。
って、いつも間違った言葉ばかり使っている、自分への擁護みたいですが

コメントを投稿

科学」カテゴリの最新記事