ひっそり主婦のこっそり学び

今日は気分が良い。
だが、これからは老化も忍びよってくる。
戦わずして勝つには・・・

オダマキ色々

2017年05月19日 | 木々と花々



カナダオダマキを皮切りに他のオダマキも咲きだした。

この場所には、ミヤマオダマキの園芸種とピンクの八重オダマキと西洋オダマキを混植させてある。

中でもミヤマオダマキの園芸種が一番好き。
葉と花が一番風情がある感じで日本の庭にしっくりくる。





この花を見ると、
しずやしず しずのおだまき 繰り返し 昔を今に なすよしもがな 🎶
という歌が思い出される。

半世紀近くも昔、NHK大河ドラマ「源義経」で静御前役の富司純子が歌っていた。

子供心に、尾上菊之助(当時)と富司純子は「いい感じだな~」と思ってたら二人は結婚した。
う~~ん、こういうアツアツの出会いで、人は結婚するんだなと憧れていたが、
早々見合いで結婚した。

石橋を叩いている間に渡っちゃおなんて、考え無しなところがあるんだから時々へまをする。

おかげで橋は壊れそうになるし、復旧には手間取るし、落っこちそうにもなった(笑)

ところで、どのブログにも書かれていることだが、
オダマキの花の命名は、麻糸を巻き取った糸車(苧環)に花の形が似ていることから付けられたという。



わが家にも糸車があって、畑の畝を立てる時の目印として使っている。
これは義母が使っていたものだが、
お嬢様育ちの義母もまた手探りで畑仕事をやっていた。

オダマキの花はいろんなことを思い出させる花だ。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレマティス モンタナが咲いた | トップ | 白&青のミニガーディン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
畑に (ぐり)
2017-05-19 22:20:51
畝を作るときやはり糸を張りますか
私も糸を張っても曲がり気味です
糸車家にもありました
オダマキもかわいいですね
ぐりさま (ゆり)
2017-05-19 23:22:14
こんばんは

畝を立てる時、管理機が多いのですが、
曲がりますので、糸を張って調整です
植える時も糸を張ってます。

麻糸ならぬ水糸を使っているので丈夫です。
古いものも意外と役立ちますね。

オダマキも沢山あったのですが、
その土地に合うものだけが残っていくという感じです。

明日も楽しく働きましょうね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。