ひっそり主婦のこっそり学び

今日は気分が良い。
だが、これからは老化も忍びよってくる。
戦わずして勝つには・・・

ウサギの鳴き声とカナリアの失声

2017年07月16日 | ペット


わが家の5ヶ月になろうとするネザーランドワーフウサギは、
まるまる太って1100グラムにもなった。
二頭身のこんな可愛い時もあったのに。

けれど、そこは親ばか。
大きくなっても可愛いこと、この上ない。
楽しい動作でジジババを喜ばせてくれる。
おもちゃになりそうなものは、つい買ってしまったり、

暑い時にはすのこの下に保冷剤を入れたり、保冷材で体を撫ぜてやったりもする。

だがお散歩に困っている。
散歩紐を付けるハーネスを身に付けないと危険なので、何とかつけたいと思うのだが、

いつも思いっきり暴れて引っかかれてしまう。

お利巧にしていたらおやつを上げる式でやろうとおもって今日も練習したが、
ついに
ブー
と大声で鳴かれてしまった。

初めてうさぎの鳴き声を聞いた。
今まで鳴き声を聞いたことは無かったのだ。
ハーネスを付けられるのがめちゃ嫌だったのだろうな・・・

でも「ブー」とは豚ちゃんみたいではないか!
大きな声でブーなんて!
なんだかこの頃は丸々太って豚みたいだからいいのかな(笑)


カナリアのルル


ところで、二ヶ月前、飼ってるカナリアに異変が起きた。
「ブー」と鳴いたウサギの茶ん太のせいだ。

自分のウサギケージから、カナリアの鳥かごへ大ジャンプ!

カナリアのルルはそれからぴたりとさえずらなくなった・・・
失声症ということだろうか。
二ヶ月間、全く声を出さなくなってしまったのだ。

悲しんだのはジイジである。
インコのギャ~ギャ~ーうるさい鳴き声より、
カナリアの鳴き声がいいと買ってきたのはジイジだからだ。

ここ数日、ほんの少し鳴く日も出てきたが、
まだルルル~というさえずりは全く発しないという状態だ。
口笛を吹いたりして、ジジは何とか鳴かそうとしているが・・・
(実は私も下手な口笛を吹いているのだが)

ウサギに鳥かごに乗られたのは、
カナリアのルルにとっては大変恐ろしいことだったのではないだろうか。
ウサギが鳥かごにジャンプした時、
ジイジと私は(こういう時は息が合って)、
「こら~茶ん太!!!!」
と、大声を上げたのもいけなかったかもしれない。

もしかしたら、
カナリアにとって、ウサギに鳥かごに乗られたことよりも、
ジジババの大声のほうが怖かったかも!

それまで小鳥とうさぎのケージは並べておいたが、
今はしっかり離してある。

声まで失うなんて・・・
カナリアのルルはどんなに怖かったんだろう。
ウサギの茶ん太は襲うつもりは全くなく、鳥かごに乗り移りたかっただけだろうが。

でも
「茶ん太、メッ!」
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« gacco「宇宙開発を通してみる... | トップ | 世界遺産 富岡製糸場に行っ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カナリア (ルイコ)
2017-07-16 22:31:48
 ♪歌を忘れたカナリアは・・・という童謡が有りましたね。
たしか酷な歌詞のようでありながら、月夜の海に浮かべれば歌を思い出すのだったかな・・・。
ルルちゃん早く思い出すといいですね。
 わが家のオカメインコは納豆もカッカッカッと混ぜていましたし、ネギもまな板の上でトントントンと刻むのも上手でした。そう、私のあくびも「あ~っ!」と真似ていました。
小鳥もかわいいですね。
ゆりさんへ (ミッキー)
2017-07-16 23:43:26
ウサギがなく・・・。
さてさてどんな鳴き声でと思いきや、威嚇に近いような表現の声だったんですね。

カナリヤさんは歌をわすれちやった??。
あ~あどちらもビックリですね・
お互いの存在が理解できるようになれば
また以前の様に囀ってくれる。

茶ん太ちゃん至れり尽くせりで可愛がってもらっていますね。
ハーネスジイジさんなら聞ける??かも
あと少し時間が必要なのかもね。
ゆりさん、こん (Taka ちゃん)
2017-07-17 09:06:24
花に野菜にウサギにカナリヤ生きものがたり
のゆりさん、うざぎは寂しさに耐えかねて死ぬと言われていた様な気がするんですが、茶ん太
君は元気一杯ですね!
カナリヤをびっくりさせて、失語症に。。。でもしばらく経ったら、美声を取り返すでしょう。
じつは、茶ん太君を見て、我が家もチワワの他に、ウサギを飼って見ようかと思っていましたが。。。最近何故かチワワがちょっとしたことにも、怯えるようになっているので、ウサギを飼うのにブレーキ掛かってしまいました。
ちなみに、我が家はチワワにお父さんお母さん
と話しかけてます。
じじ、ばばではなく!(^o^)(^o^)
こんにちは~ (うらら(凡子))
2017-07-17 10:49:25
ご無沙汰してます。
茶ん太君~大きくなりましたね。
やんちゃで カワ(・∀・)イイ!!

カナリヤさん…早く 歌を思い出すといいですね。

ピーちゃんは お元気ですか
我家んのピーコも5カ月になりました。
インコの鳴き声って・・・???忘れるほど、ペチャクチャ喋っています(笑)




Unknown (ひまわり)
2017-07-17 12:01:10
ウサギのハーネスってのがあるのですね ビックリです

歌を忘れたカナリア  さぞ怖かったのかもね
早く思い出してジイジ様を喜ばしてあげてね ルルちゃん

茶ん太君 大きくなりましたね
益々可愛くなったのでは・・・  
ゆりさん  良くなさいますね 趣味に畑にペットの世話まで
とても出来そうにありません
ルイコさま (ゆり)
2017-07-17 22:52:30
こんばんは

「歌を忘れたカナリア」だと、ジイジはよく言います。
しかし、その歌を知ってるのに、
ジイジは「山へ捨てるぞ」とは言いません。

ウサギがイタズラすれば「山へ捨てるぞ」というのに、
ジイジはカナリアをえこひいきしてるのです(笑)

あの歌は西条八十自身のことを歌ったもののようですね。
月夜の海に象牙の船・銀の櫂。
再び鳴いてくれることを願ってます。

オカメインコは物まね上手のようですね。
そんなに真似するインコは可愛かったでしょうね!
でもあくびまで!
ミッキーさま (ゆり)
2017-07-17 23:01:20
こんばんは

ウサギって、普段鳴きませんから、そうですね、威嚇でしょうね。
でも「ブー」にはびっくりでした。

なお、ジイジはウサギの扱いは下手なんです(笑)
でも、私にも、ハーネスの件から、奥のトイレへ逃げたりするんですよ。
無理矢理、外の散歩(草むら)はいらないのですが、
喜こんだので、またさせてやりたいのです。
でも、上から横から危険がいっぱいなので、
ハーネスつけないとね・・・

動物も問題勃発ですが、食欲はあるから様子見ですね。
Takaちゃんさま (ゆり)
2017-07-17 23:14:07
こんばんは

仕事にペットに趣味に・・・・
ジイジにも「いろいろやると大成しないぞ」と言われてます(笑)
けれど、きちんと時間が取れない今は、もうこういう感じで、しばらく行きます。
一体何やってる人かなんでしょうが!
「主婦」です。

ウサギはデリケートのようですが、我が家のはやんちゃです。
飼い主には似てないと思いますが・・・

チワワがいるならウサギは無理かも・・・
「ウサギのダンス」で、面白い動きをしますから、
ワンちゃん、びっくりすると思います。
寝ているジイジの顔の上まで駆け抜けますから!!

ジイジは自分がら「自分はジジだ」と言いますので、
私も若いけど(笑)合わせてるのです
うららさま (ゆり)
2017-07-17 23:21:18
こんばんは

茶ん太は性格がとても可愛いです。
デリケートさが全くなくて(笑)イタズラ盛りに突入の模様です。

ジイジはカナリアを一番かわいがってますから、
何とかまた綺麗なさえずりを取り戻してもらいたいです。

インコは元気ですが、言葉はダメですよ。
うららさんのピーコちゃんは、メスとの判定だったみたいですが、
写真ではろうまくがブルーに見えますから、オスでは?
だから、どんどんおしゃべりするのでは?
それにしても美人さんだし!
家長にもなってるピーコちゃん。
うららさん、毎日楽しくお暮しくださいね
ひまわりさま (ゆり)
2017-07-17 23:27:29
こんばんは

ワンと違ってお散歩が無いので、小鳥やウサギは楽なのです。
でも、ウサギは裏の草むらへ出してやりたくて、ハーネスをと!
それ以来、怖いバアバがハーネスを付けにやってきたと、
奥のトイレへ逃げるのですよ(笑)
意地悪しているつもりはないのですが・・・

カナリアはジイジのお気に入りなので、鳴かせてあげたいので、
日中サンルームに移動させたりするのですが・・・
すると!野良猫?みいちゃんが来て、その外でくつろいで行くのです・・・

ああ~~~のドタバタ我が家です

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。