ひっそり主婦のこっそり学び

今日は気分が良い。
だが、これからは老化も忍びよってくる。
戦わずして勝つには・・・

お盆に寄せて

2017年08月13日 | 学問いろいろ

お盆のお供え花に重宝する鷹ノ葉ススキ
植え込んだばかりの時は、模様がしっかり出なかったけど、
数年後に綺麗に出るようになった。
倒れないように塀の角に植えてある。


今日迎え盆なので、お墓へお迎えに。

そして、このお盆の間、
二人のお坊さんがそれぞれ見えてお経をあげてくださる。

でも、我が家は神道だ。

明治の初めまで、お付き合いがあったお寺さん方が、
今でもお参りに来てくださるのだ。
有難いことである。

この時ばかりは、
般若心経を聞きながら仏教に想いを寄せる。

これは、わが家が特別というのではなく、近隣の古くから続く家々も同じようだ。

「あなたの宗教は」
と、尋ねられたら「神道」だと答えるが、
仏壇でお線香も上げれば、
こうしてお盆のお迎えにも行く。

年末年始の行事は仏様より神様が主体である。
だから我が家は神仏混淆(神仏習合)だ。

海外から見れば「変なの」とも思うだろう。
けれど日本の宗教のはじまりは先土器文化の始まりまでさかのぼれるらしい。

そして古墳時代には大陸の進んだ宗教の影響を受けて複雑に発達し、
大和朝廷の全国統一と共に新しい展開をとげ、
この段階の宗教は原始神道と呼ばれるという。

この後のことは省略するが(仏教伝来は538年)、
わが宗教こそが正しいと、
他を排他する宗教ではなく、
他の宗派まで受け入れてしまう日本の国は素敵だといつも思う。

で、今日は日曜日!
お盆であろうが「笑点」&「直虎」視聴だった。

お帰り頂いている、多くのご先祖のみな様方は、
やっぱり変な嫁がやって来たものだと笑っているに違いない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中庭の草取り | トップ | 夏咲きの菊 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうですね (ぐり)
2017-08-13 22:21:32
宗教に対して鷹揚なところは
日本の良いところですね
古くは宗教から戦争になったこともありますからね
ゆりさんへ (ミッキー)
2017-08-13 22:24:56
お盆の行事色々ありますね。

受け継がれた行事をしっかりこなされて
素晴らしいです。

我が家はご先祖様が眠られるお墓参りに行きます。
ぐりさま (ゆり)
2017-08-14 08:14:58
おはようございます

涼しい感じの朝です。
>鷹揚なところがありますね
こういうところが日本のいいところですよね

「和を以て貴しと為す」からも来ている、日本のいい精神ですよね。
争い事を好まない。
しかし、歴史はどうしようもない場面にも出くわす・・・
ミッキーさま (ゆり)
2017-08-14 08:24:32
おはようございます

とりあえず、義母に習って継承です

今年は泊り客が無くて楽です。
別の日にはそれぞれお泊りで来ますけど、
義弟妹宅で、今度は自分の子供らを迎えるようになりましたからね。

これで少し、私のあたふたもわかってもらえるかな
比較にならないほどの人数(義弟家族・義妹家族・叔父叔母・従弟、いとこの友人他)と、
3~4日なんてものでなく、延々と1カ月超でしたが

ミッキーさん。お墓参りいってらっしゃい
私も(^^)v (雀(から) )
2017-08-14 09:24:14
読者登録ありがとうございました🙏 我が家は曹洞宗の 信者ですが 日常的に 色々な 宗教の方が 訪れています👼 今朝方も カソリックの シスターさんが 頂き物のきゅうりを届けてくれましたし 友人に エホバの証人を信仰してる方もいますね🙋あと、そうか学会のお客様や友人知人、プロテスタントの友人も居て、小さい範囲でも神仏混こうです🙏様々な宗派も共存していますね🙋
雀(から)さま (ゆり)
2017-08-14 13:38:48
こんにちは

こちらこそお先に読者登録ありがとうございました。
雀さんをからさんと読むのでしょうか。
四十雀という綺麗な鳥がいますよね。

色んな伝道の方が見えますね。
そして無宗教だと言われる方でも、育ちの中に何かの宗教的倫理観は入ってますよね。
私にはムツカシイ世界ですが、神仏混淆の育ちもしております。
家庭の教えは儒教・神道  幼稚園は仏教系で、
遊んだ場所は神明宮やお観音様の周りと・・・

コメントを投稿

学問いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。