ひっそり主婦のこっそり学び

今日は気分が良い。
だが、これからは老化も忍びよってくる。
戦わずして勝つには・・・

少年老い易く学なり難し

2017年02月09日 | 学問いろいろ
60代って、一応老人とみなされる年代のようにも思う。
しかし、女性の平均寿命が90歳にも届かんとする昨今、なんだか60代を老人の域に入れるのはそぐわないような・・・
病で倒れる人がいる一方で、80~90代とお元気でいる人も多くなった。
今後、学校というものも、10~20代のものだけとは考えなくてもいいような時代になってくるのかもしれない。

かくいう私は昨年3月に、大学の通信課程を5年かけて卒業した。

若い時の学びよりも、今回の学びのほうが深く掘り下げられ楽しく学べたような気がする。

「半学半教」の校風もあろうが、若い優秀な通学生はもとより、
実社会へ出てからまた再び学び始めた通信生をも、教授方はとても大事にしてくださった。

昔の通信課程の大学は高卒で入学した人々が多かったようだが、今は学士入学者が大変多い。
学友には東大法学部を出て、新たに経済を学ぶために通信へ入った人もいたし、
通信で学んでから資格試験に合格して、退職後の人生をデザインしなおしてる人もいる。
会社経営者もプロの画家や、漫画家も居たりで、通信課程というのは多彩な学生たちの集まりなのだ。
若さというのは、本当に年齢ではないな~と感じた大学の学びであった。

ただ、通信制というのは、若者のように高い「入学力」はいらないが、高い「卒業力」が必要である。
入学はさせてもらったものの、レポートも1本も出せぬまま退学した人。
専門科目の単位がすべて取り終わっても、英語科目の単位が取れないため卒論に入れない人。
残すは卒論のみとなったにも関わらず、なかなか指導教授からOKがもらえず、執筆が滞ってる人。
卒業するのには様々な山を越えて行かねばならないのだ。

多くの大学が通信課程を開講している。
60代の女子学生もいいものである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明けない夜はない。 | トップ | 雪が舞っている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

学問いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。