ひっそり主婦のこっそり学び

今日は気分が良い。
だが、これからは老化も忍びよってくる。
戦わずして勝つには・・・

星三百六十五夜  ミヤマホタルカズラ

2017年05月15日 | 科学

ミヤマホタルカズラ 「スター」


ミヤマホタルカズラ


ブルーのこの花は気難しい。
夏の暑さにも冬の寒さにもやられ、息も絶え絶えになる。
だが、なぜか枯れたように見えてもまた何とか咲いてくれるのだが、
どちらかと言えば、普通種より「スター」のほうが元気である。

・・・

子供の頃から星を見るのが好きだった。

空を見上げ、
あの星から、この地球を見れば、この地球も小さな星に見えるだろうな・・・
そんな小さな星の中で、こんな人間なんて、なんてちっぽけなものだろうな・・・
なんて考える子供だった。

星空を見上げることが好きだったのに、
春になっても、風邪をひいてしまうのが怖くて・・・夜空を見上げることが随分減った。

だが星を見上げなくも野尻抱影さんの本は楽しい。

他にも『星座春秋』『新星座巡礼』などの本があって、読んでいるだけで宇宙へいざなってもらえる。

こんな本も読んでいる。

ムツカシイ本なのだが、こういう本に接すると、ものの見方ががぜん広くなる気がする。

我々の住むこの宇宙はビッグバンから138億年(137億あるいは150億年という説もある)たっているのだが、
これは宇宙の始まりにすぎなく、
宇宙の終焉は、宇宙歴10の100乗年であるそうだ。
138億年が始まりに過ぎないということは、この先の宇宙時間が非常に長いということである。
だが、宇宙にも終わりがあり、
その時はビッグウインパーという永遠の静寂を迎えるそうである。

バンと弾けて!パーっと散るのか・・なんていうような名前だが、
ビッグバンは巨大な爆発などではなく、
「異常な高温状態にある一様な空間が整然と膨張を始めたもの」であるという(本書より)。

昔読んだ本の中には、次のような説明で書かれていた。
「一粒の限りなく熱くまばゆい光の粒としてパッと生まれた。きっかけになったのはゆらぎ」

何だか、この説明のほうがビッグバンというものがロマンティックに感じるのだが、
『宇宙に終わりはあるのか』の本からもう少し引用してみる。

「完全な虚無の世界であるマザーユニバースの世界が存在した。マザーユニバースには物質も光もなく、
内部に蓄えられた暗黒エネルギーによってひたすら加速しながら膨張するだけの世界だった。
ところが今から138億年前にマザーユニバースの一部が変化し、暗黒エネルギーが解放されて、
他の場に供給された。
この結果、場は湯水のように沸き立ち、高温のビッグバン状態となる。
これが、われわれの宇宙が誕生した瞬間である。」と!

自分の頭では理解不能な本なのであるが、
何事にも始まりがあれば終わりがあるということを教えてくれる。

自分のこの人生も必ず終わる。
向こうの星から自分の姿は見えないだろうけど、
自分としては、ほんの小さな輝きでもしているような日々を歩みたいものだと思うのである☆


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いい加減なテレビの見方 | トップ | プランター育ての黒ゆり »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (テクテク)
2017-05-15 23:29:25
なんだか凄いですね~ゆりさんって。

途中で、あれ?これ誰のブログ?ってなって
名前を確認しましたよ(^u^)

宇宙が好きだったんですか~
いや~いままでからしたら別人みたいです~

それにしても蒼のお花の名前、口が絡まりそうです。

初めて見ました、こんな綺麗なお花。
ほんとうに見惚れました(*^。^*)

星になっていますね(';')



テクテクさま (ゆり)
2017-05-16 08:58:52
おはようございます

テクテクさん、体調はいいですか?
私は気分はいつも良くするように(笑)してますが、
体は疲れてしまうことがあります。
そういう時は休んで回復させます。

また、ネガティブになったり、どうしようもない問題にぶちあたったりしたとき、
宇宙関連の本を見るのです。

太陽は地球よりもすごく大きいのに・・・
その太陽の500倍もの大きさの星(ベデルギウス)がある。
そんなもんではなくて、
太陽の直系の約2000倍近い星(おおいぬ座のVY)があるなんて考えると、
あまりのすごさに!自分の悩みがぶっ飛ぶんです(笑)

わたくしはごく普通のおとなしい主婦ですよ
でも、時折こういう話が飛び出すかも
10の100乗 (Banban)
2017-05-16 09:58:58
グーグル google の意味が 10の100乗だと
教わりましたが 宇宙の終焉も
意味しているのかもとは 発見した気分です

地球を飛び出して 物を考える

日々の生活で 忘れそうです
チョット~ (ひまわり)
2017-05-16 13:38:19
ゆりさん 凄すぎです
何だか凡人の私は引いてしまいそうです
お手柔らかにお願いしますね ナンチャッテネ
趣味の多いゆりさんには頭が下がりますね
Banbanさま (ゆり)
2017-05-16 21:44:11
こんばんは

えっ?google の意味も10の100乗・・・
膨大ということで使ったかもですが・・・びっくりです!

こんなに気の遠くなる数字だと、もう永遠でいいような・・なんですが、
宇宙の原理は「生ずるものは滅びる」なんですね。

人間の世なんて、たかだか数千年・・・
このように、宇宙から考えるのもいいかも。

でも、こういう数字のいいかげんでないということは・・・
日本でいえば、ハヤブサがきちんと任務を果たして地球へ戻ったこと。

いい加減な計算だとこういうことは成り立ちませんもんね。
でも~Google社はいい名前を付けたんですね~

ひまわりさま (ゆり)
2017-05-16 21:57:00
こんばんは

あのう・・・
ちっともすごくないですよ~

こういう研究をしているわけではなく、
このような本に触れてるだけですから

田舎の生まれですから星を見る機会が多く、
こんな本に触れるようになったんです。

こっそり、ここでつぶやきましたが普通の主婦です。

「多芸は無芸」ですが、忙しい中で、心明るくできて、
有難いことでもあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

科学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。