ひっそり主婦のこっそり学び

今日は気分が良い。
だが、これからは老化も忍びよってくる。
戦わずして勝つには・・・

こぼれ種からサニーレタスが育ってる

2017年04月29日 | 家庭菜園

冬になる前、こぼれ種からサニーレタスの芽が出ていた。



移植しておいたら、大きなものは枯れてしまったが、
なぜか1~2センチの小さなものは冬越しして大きくなってきている。



大葉(青シソ)や赤シソも落ちた種から勝手に芽を出してくれる。

ミョウガもウドもフキもアスパラガスも三つ葉もミントも一度植えておくだけで毎年収穫できるのだから、
都会の方がたから見れば羨ましいような生活みたい。
新鮮なお野菜がさっとお茶うけに出るんだし♪

だが、残念ながら、このような生活はあまり長い留守はできない。
けれど、こういうのどかな?生活の合間を縫って、
こっそり学びが出来る。

また、このブログのことも遠くの友人3人にお話ししただけなので、
ここは「秘密の花園」みたい。
こっそり、ひっそり楽しめる♬
心に闇を抱えるよりは「秘密の花園」をいくつか持ってた方がね🎶

そんなわけで今日もいい一日でした


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 美女と野獣を観てきた | トップ | カナリアのブリーダーさん宅へ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (watako)
2017-04-29 21:57:07
サニーレタスも、零れ種から育つんですね

我が家も、大葉とイタリアンパセリは、毎年何処かから出てきます

今は、ミックスリーフを種から育てて・・・毎朝、少しずつ収穫しています
GW中に雨が降らなければ、ダメになるかも
ほんと、植物を育てるのには留守ができませんよね。

ミニトマトとゴーヤは、発芽したばかりなので車に積んでいきます
watakoさま (ゆり)
2017-04-30 08:57:02
おはようございます

畑で勝手に生えてくるものは良くても、
苗づくりからの物は水やりがあるからお留守はできませんね。
トマトとゴーヤをに乗せて!!
そこまで大事にされれば、あと沢山生ってほしいですよね

生き物はそういう事が必要で・・・
手乗りのインコのひなの時は、、
どこにでもに乗せてあるきました。

ゴールデンウイーク楽しんでくださいね
いってらっしゃ~い
大葉はもう こぼれ種から新芽がでてますか? (Banban)
2017-04-30 10:05:23
サニーレタスを育てるために
土の上に黒のビニールをしいて
穴をあけて 移植するのね

本格的に農業してるって 納得です

昨年育てた大葉を植えた鉢が
大風の日に倒れ 中の土が ごっそり
でてしまい 慌てて戻したののですが・・・

まだ新芽がでてないってことは
新しく種をまかないといけないって
いま 慌てています!!
Banbanさま (ゆり)
2017-04-30 12:41:28
こんにちは

はい!本格的農家?です。
ただし、売り物ではなく自家用なんです。
家では食べきれませんから、親族にあげたり、
ご近所や友人に上げたりです。
ジイジは会社の仕事なので、わたくしがにわか農婦に変身ですぞ

農地を荒らさず、景観にも貢献しているかも??

大葉は芽が出るのは遅いです。
鉢に種が落ちていれば出てきますよ。
長~い目で観察されてみてください。
Unknown (ひまわり)
2017-04-30 14:41:08
こぼれ種から育つ
私大好き 怠け者ですから(笑)

ウドはありませんがその他は同じですね
今日はズッキーニの種をポットに撒いてみました
芽が出るかしらね 楽しみです
ひまわりさま (ゆり)
2017-04-30 21:04:51
こんばんは

今日もきっと沢山お働きになったことでしょう

「こぼれ種」を上手に活用するのは!
きっと我々(笑)は賢いのです!

主婦業&畑仕事&庭仕事&人さまのお世話(ジイジ含む)その他沢山・・・
際限なくある仕事をいかに効率よく片付けるか~からの知恵(笑)

ズッキーニ、きっと出ますよ。
黄色と緑色がありますね。
一日で大きくなるので、収穫がまた忙しくなりますよ(笑)


コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。