tossyの投げ釣り釣行レポート~夢で爆釣♪~

自然と生き物を愛し、海という広いfieldにおいて、多種多様な魚を投げ釣りメインで狙っていきます。

デルナー(改)WF塩ビシンカー完成(^^)b

2017-06-17 01:28:31 | 釣り道具紹介(仕掛け含む)
オリジナルのシンカーを作ろうと、夜な夜な作成してました。笑




正規品のデルナー25号です!!

↓↓





これを使って








解体ショー。笑




※ヘラはDaiちゃんが、くれました。m(._.)m




キャップと、鉛の間を攻めます。








ゴリゴリ




ゴリゴリ




ゴリゴリ




パカッ!!




簡単に外れます!!








そして、今回の目玉!!




最適??




な、材料は、、、








塩ビパイプ!?




使い方が、間違えてますね~




塩ビパイプは、水道屋さんが使うものです。爆








15ミリ使用。





これが、本来の厚み

↓↓↓






デルナーのシンカーを、差し込む為には、厚みを薄くします。




リーマーで、ホリホリ。








薄くなりしたね~




ためしに、差し込んでみます!!









このくらいの、




完全に奥まで入るか??入らないか??




入れていいのか?まだ、ダメなのか?




入りそうだけど、なかなか入らないよ。




ぐらいな瞬間が、ドキドキですよね。(*ノω・*)テヘ




なんの話だ!?笑




で、本題に戻って、




接着剤を塗り塗りして~




ハンマーで、パイプをトントンすると~









土台が完成した感じですね。笑




完全に、硬化するまで、数日放置プレイ!!




2日後




DAISOで、仕入れてきましたのが、




丸棒φ15ミリ




これを、切りーの、




センターに、ドリルで穴を空けーの、




パイプに入るまで、




カッターで、丸棒の外径を削りーの、




栓を作りました。




その栓を接着剤を使い、くっつけます!!








栓をする前に、、、




夢と希望と、愛情と、少しのエアーを入れとくことが、大事です!!




そして、また、数日放置プレイ!!




そんでもって、




中を少しだけ加工して




ハンダで、固定しーの、




接着剤を使い、デルナーのカバーをくっつけーの、




ステンレス線をキャップの中から、外に1本だけ、ニョロリと出して、




キャップの外でクルクル巻き付け、またハンダで固定!!




いちよ、ほぼ、出来上がりなんですが、、、。









まだまだ♪




見た目重視!!




塩ビパイプ部分に、5センチ幅の赤ビニールテープを巻きました。




そして、何かと便利なDAISOさん!!




ダクトテープ。




防水加工らしいです!!




ありがたいですね~




早速、巻き巻き。









そして、




最後の本仕上げに




熱収縮チューブ




ドライヤーで、収縮させて、表面保護!!




これが、完成形です。

↓↓↓





デルナー改WF塩ビシンカー25号です。

※WF→ウッドフロートの略。




ぶっちあけ、可愛く作りすぎた??笑




こりゃー、乙女仕様だなッ。汗




鳥の絵柄だけに、すげー飛ぶと良いんだが、、、。




飛べない鳥ではありませんよーに。爆




行けたら週末、試し投げしてきまーす。ι(`ロ´)ノ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工房浦安 スーパーシグナル... | トップ | 何をやっても、ダメな時はダ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (シュン)
2017-06-17 12:33:18
お疲れ様です♪
今度はウッドですか!
毎度ながら素晴らしい出来栄えですね〜
そろそろヤフオクデビューかなあ

ウチの会社ならこの手の工具はいっぱいあるので、作りたい放題ですわ(笑)

1つ気になる点があります。
発泡も木もキャップを付けてるのは何故なんでしょうか?
そのまま材料に穴空けし上部を削れば良いのでは?
Re:シュンさん (tossy)
2017-06-17 22:21:46
ありがとうございます(^^)b

先ず先ずな出来映えですよね。
自画自賛になってしまいますが、実は凄く気に入ってます。爆

使用感だけは、試してみないと、わからないので、売り物ではなく、自分だけの楽しみです♪
大量に作る時間もないですしね。( *´艸`)

ちなみに、なんで、キャップを付けるかと質問ですが、、、ざっくり言えば、強度が違います。
あの純正のキャップをつけると強度がUPして衝撃に強くなりますよ。

ジェット&海草&デルナーなどで言いますと、シンカー部分だけを使い、キャップを使わず、発泡材だけで作りあげると、発泡材部分が、凹むし、割れやすい。笑

木であれば、防水対策で、塗り塗りか、スプレーなども必要になりますし、、、
↑↑
もしかしたら、特殊な加工の仕方や対策があるかもしれませんが、現在の、おいらは、わからないので、無理です。笑

カバーをつけて、収縮チューブを使えば、簡単に出来るから、、、勉強不足かもしれませんねー ̄(=∵=) ̄
〇Fシンカー (yasu)
2017-06-19 11:50:43
じゃなかったの?
やってますねー、昨日納品した材料でまた

眠れぬ夜を送って下さい(笑)

塩ビ版はやはり短めの方が正解かもしれません。長めのを昨日試してみましたが
飛行中、真っ裸で´かけてる位クルクル
してました
Re:yasuさん (tossy)
2017-06-20 00:27:58
今回、○Fは、やめました。笑

エアーだけだと、ないとは思いますが、もしも、浸水してきたら、、、。笑

さらには、中身が詰まってると強度があると思います!!

つまり、、、守りに入り、中身あり。f(^_^;

実験の報告ありがとうございます!!

やっさんの、ロングタイプは、ヤス様の棒の様に、長く、ブルンブルン?振り回すような??
感じで、クルクルしながら、飛んでいったんですね??笑

塩ビ自体が重いので、長いとバランスが、取れないんでしょうか、、、。

やっさんの実験の、お陰で、勉強になりました。m(._.)m

自分の作製した5センチ規格が、どーなのか気になります♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。