味わい一筆

季節感ある暮らしをいっしょに楽しみましょう

つたない「竹」雑感です

2017-06-17 10:55:53 | 日記

若竹の美しい季節ですね。

先日のお茶室は、「竹」の掛物に、「竹」の水指と竹にちなんだことばかりで、とても勉強になりました。

 

竹有上下節(竹に上下の節あり)

《平等といっても区別はあり、区別があっても平等であるのだから、本来の姿そのままを認めてこそ円満だということだそうです》

 

人の節目節目も大切にしたいですね。大きな節目も大事ですが、小さな節目も大切にしたいですね。

家の玄関の棚を見て、ふと思いました。人の節目は、初めて乳母車に乗せた日、初めて文字が読めた時など、小さな出来事の積み重ねだと気が付きました。

昨日、親戚のお葬式に出かけましたので、なお一層このことを思いました。

 

 

「竹かごにあじさい生けてみました」

1年前に書いた梅雨時期の綺麗なあじさいの記事です。この時期になると、「竹」の成長を見ながら毎年竹のことを書くのですね。

昨年の今ごろは毎日しとしとの梅雨空でしたが、今年は梅雨の晴れ間が長く晴天続きの毎日です。

1年後の自分もまた、「竹」を見つめて何か素敵なことをブログにアップするのでしょうね。

思い出のライフログたのしみになってきました (^^♪♪

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「花戦さ」見てきました | トップ | 短歌梅雨です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。