日々の事から

日々のあれこれ
by Kirari

環状線の怪。

2016-10-17 20:38:06 | 日記
名古屋の地下鉄に環状線の部分があるんだけど、その行き先の言い方で私には解りにくいものがある。

環状部分は全部の車両がぐるぐる回っている訳じゃなくて、回った後で中途の駅で止まるものがあるのだ。

先日も、飲み会の帰り道、友人と地下鉄の駅まできて、左回りの表示が『金山方面名古屋ドーム前矢田行き』となっていた。
いた駅は上前津だったので、進行方向から想像すると、名古屋ドーム前矢田っていうのは後ろにある。

私はその線は乗らずに帰るが、あまり利用しないその友人は結構飲んでいたので、間違えて乗せると後でうるさそうで迷った。
私が『金山方面って言ってるから大丈夫だって』って言っても全然信じないし(^-^;
『うそぉー名古屋ドームは反対でしょー』結局1本見送って、こわごわ次のに乗って行った💦


今日もおんなじようなことがあった。
私は空いてて座れる右回り経由で帰路についた。
乗った2駅先で座れたが、その後直ぐに車内アナウンスで『この電車は点検のため、右回りではなく名古屋ドーム前矢田で止まります。後続電車にお乗りかえください。』と言う。

え〜せっかく座れたのに…と思ったが仕方ない。
アナウンスどおり、名古屋ドーム前矢田で降りた。降りた人たちは慣れているのか自然に二列に並び、始発駅の様相。

私はそういう慣れない場面に遭遇した時に暗黙のルールに従えない。
座れないのは仕方ないし別に構わないので離れたところに立ち、様子を窺う。

すると、来た電車は後続ではなく、進行方向から逆送してきた代替電車だった。

これでも充分、気持ちがパニックとなる。
後続のってアナウンスで言ってたのに。何を信用したらいいか解らなくなるのだ。
小さい頃からそうなる。
こういう時に正しい道を教えて判断を養う大人が傍にいなかった。

しかも行き先の言い方は、先に書いたパターンと同じように『本山八事方面大曽根行き』だった。

電車から降りた名古屋ドーム前矢田の駅は、大曽根の次の駅。

頭では、こないだの例もあり終点が大曽根ってことか?と思ったが、後続でない代替電車が逆から入ったから、与えられた情報と異なり、ふて腐れた気分になってしまった。
まあ、後続は来るから不案内な気分を散らしてそっちで帰ろう。今日は朝からついてないから、流れに沿うことは良しとならない気がした。

ホームで一人佇み、もしこれが地球脱出最後の宇宙船でも乗らないだろうなって考えていた。

みんな解るのかなぁ。不案内でも他人を信用できてえらいもんだな。

  
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 案の定、よく眠れたよ。 | トップ | 地元の防災訓練。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿