地域を楽しむ、家族を楽しむ、少しだけ仕事を楽しむ。

自分の住んでいる「甲府」、出身地である「大月・猿橋」、そして自分と関係のある人々の故郷に関連する出来事を綴る場所。

2017-13|日本史の謎は「地形」で解ける|竹村公太郎

2017年04月21日 | 
2017-13|日本史の謎は「地形」で解ける|竹村公太郎

サトーおすすめ度★★★

2013年10月発行

山梨県出身の中沢新一氏の著書「アースダイバー」に通じる面白い内容の本であった。
歴史的事実を人文系的に解説するのではなく、地形や気象という動かしがたい事実によって紐解くものであり、その取組みに私は非常に興味を持っている。それは私自身は文系人間であり理科系に苦手意識を持っているからに他ならない。
本書には私がワクワクする言葉がたくさん出てくる。以下に記録しておく。
・地形を見ていると新しい歴史が見えてくる。
・日本列島の稲作は人々へ強固な共同体の形成を強いた。その強固な稲作共同体は、個人を抑制し、集団最優先の規範を人々に強いた。
・歴史とは人が語る(His_Story)物語である。
・交流軸の上にある都市は栄え、交流軸から外れると都市は衰退する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017-12|中部銀次郎のゴルフ... | トップ | 2017-14|山梨県のひみつ|山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL