望遠レンズの向こう側
人生これから!
趣味を満喫しています。




今日の森の中には数羽のオオルリが来ていました。

幸せを運んでくるという青い鳥。






メーテルリンクの青い鳥(童話)

むかしむかし、あるところに、まずしい二人の子どもがいました。
 
お兄さんの名前はチルチル、妹の名前はミチルと言いました。
 
クリスマスの前の夜のことです。
 
二人のへやに、魔法使いのおばあさんがやってきて言いました。







「わたしの孫が、今、病気でな。しあわせの青い鳥を見つければ病気はなおるんじゃ。どうか二人で、青い鳥を見つけてきておくれ」

「うん、わかった」
 
チルチルとミチルは鳥カゴを持って、青い鳥を探しに旅に出ました。
 
チルチルとミチルがはじめに行った国は、『思い出の国』でした。
 
二人はこの国で、死んだはずのおじいさんとおばあさんに出会いました。

「人は死んでも、みんなが心の中で思い出してくれたなら、いつでもあうことができるんだよ」
 
おじいさんは、そう言いました。







そして、チルチルとミチルに、この国に青い鳥がいることを教えてくれました。
 
ところが、『思い出の国』を出たとたん、青い鳥は黒い鳥に変わってしまいました。
 
チルチルとミチルは、つぎに病気や戦争など、いやなものがいっぱいある『夜のごてん』に行きました。

ここにも、青い鳥はいました。
 
でも、つかまえて『夜のご殿』を出たとたん、青い鳥はみんな死んでしまいました。
 
それから二人は『ぜいたくのごてん』や、これから生まれてくる赤ちゃんがいる『未来の国』に行きました。
 
どこにも青い鳥はいましたが、持ち帰ろうとすると、みんなだめになってしまうのです。

「さあ、起きなさい。今日はクリスマスですよ」
 
お母さんのよぶ声が聞こえました。






目を覚ますと、二人は自分たちの部屋のベッドの中にいました。
 
青い鳥を探す旅は、終わったのです。
 
チルチルとミチルは、とうとう青い鳥をつかまえることが出来ませんでした。
 
でも、チルチルとミチルが、ふと鳥カゴを見ると、中に青い羽根が入っているではありませんか。

「そうか、ぼくたちの飼っていたハトが、ほんとうの青い鳥だったんだ。しあわせの青い鳥は、ぼくたちの家にいたんだね」
 
二人はお互いに顔を見合わせて、ニッコリしました。

魔法使いのおばあさんは二人に、しあわせはすぐそばにあっても、なかなか気がつかないものだと教えてくれたのです。

おしまい





雌のオオルリです。






おまけ

 キビタキの後ろ姿







システム78/3(2)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


« 夏鳥の季節に... 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧 キビタキ »
 
コメント
 
 
 
Unknown (himekyon)
2017-04-27 07:28:03
青い鳥の童話にのせて・・・素晴らしいですね(^^)/
遠くでは何度か撮りましたが、ただただ魅入っています。
 
 
 
花鳥風月...日本の自然ですね (8039fujisan)
2017-04-27 14:31:47
himekyonさん

いつもコメントありがとうございます。
先日は暖かかったのかオオルリが良く出てくれました。
体形や顔ももよく見ると個体差があります。
青い鳥は遠目でもすぐわかります。
今の時期囀りが森の中のこだまして癒されます。

日本三鳴鳥はウグイス、オオルリ、コマドリですがオオルリのさえずりは一番癒されます。
 
 
 
色が綺麗! (AOISORA)
2017-04-27 21:24:57
何と 綺麗な鳥でしょう。
ナンバー1 と思います。
素敵に写されて 満足してるような・・・。

阿智村 花桃見に行ってきました。
観光客でにぎわっていました。平日なのに・・・
沢山の花桃 うっとりでした。
 
 
 
花桃は阿智が一番 (8039fujisan)
2017-04-28 11:55:26
AOISORAさん

阿智村の花桃、さぞ綺麗だったことと思います。
時期になると観光客が多いですね。
何といっても温泉地ですしバスで観光に訪れる人が多いですね。
あそこの花桃は格別です。
伊那にも並木がありますが規模は阿智村ほどではありません。

青い鳥は芽吹きの緑に映えてみていても癒されます。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。