整骨院の先生が話してくれたお話し・・・その3

2017-06-19 05:17:21 | 日記

皆さんこんにちは~

MRIのCDを見てくれた時に整骨院の先生がこんな話をしてくれました。

ある脳神経外科の医者が、自分が手術した患者がその後、

寝たきりの姿となっていたのを見て・・・

これが本当の医療なのか?と疑問を持ったと。

その医者は、寝たきりになるために手術をしたのではない・・・

患者が元気に普段の生活が出来るようになるために手術をしていたはずだった・・・

術後のケアーがまるでなっていないのではないか・・・

脳神経外科の医者からリハビリ専門の医者に変わったそうです。

http://www.takekawa.gr.jp/others/dr_sako.html

その病院では皆、元気になって退院していくそうですよ。

患者1人に専門スッタッフが10人付くそうです。

言語障害があれば言語障害専門スタッフ、

麻痺が残れば運動専門のスタッフ、

食事専門のスタッフ、

皆専門スタッフでその分野では誇りをもっています。

医者だけが偉いのではない!よってこちらでは**先生では無く、**さんで

お互いを呼び合っているそうです。素晴らしいですよね、この考え方。

都内にある病院です。

これが本当の医療ではないか・・・

術後のケアーまでが、患者の日常を取り戻せるまでが医療だと・・・

志のある医者もいますね。

十分通える範囲の病院ですのでとても心強いな・・・と思いました。

脳神経外科の医師でいるだけの方が収入は多いし、

楽だったに違いないですよね。リハビリ病院を立ち上げるのは

相当なご苦労があったと思います。

中には立派な医者もいますことを書きとめてこの話題を終わります。

それではこの辺で~


にほんブログ村

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 検査結果のCD持って整骨院へ... | トップ | やっと雨・・・でもつまらな... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
仰っしゃるとおり (ケンスケ)
2017-06-19 05:56:22
ある医師は俺の左腕の麻痺状態が腕が上に上がったら
完治としてリハビリ打ち切り
しかし作業療法士さんは日常の生活に戻るにはまだリハビリ必要なのに・・・と呟いていました
Unknown (てんてん)
2017-06-19 08:46:56
おはようございます。

素晴らしいDrが、いらっしゃっるので
ほんとうに、心強いですね。

ホームページへ、お邪魔しまして
メモしております。
もしもの時には、伺いたいですね。

良い情報、ありがとうございました。
いろんな先生がいます (めんぼう)
2017-06-19 17:01:21
グライセンさんこんばんは~

記事中に出てくる先生&スタッフさんたちは、偉いですね。
尊敬します。
志を持った良い先生もいれば、中には・・・。

それにしても、1人に10人付いてくれるのは心強いですね。
僕も誰か付いてくれないかなぁ~?
ずっと、ほったらかし・・・。
脳神経ではありませんが。
Unknown (グライセン)
2017-06-19 19:04:00
コメントを頂いた皆様へ

患者の身になってくれる気持ちがあるかないかだと思うのです。色々な医者がいますね。
私たちは賢く選ばねば・・・と思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む