kohは今日も元気です

俳句のことや、テレビ番組のことなど、日常を書いています。

直虎が、竜宮小僧になる時 十四

2017-05-05 13:44:43 | おんな城主直虎

 

 

 

今朝「おんな城主直虎」の総集編を見ました。

 

第一回~十七回までを一時間にまとめて放送されました。

 

あ~あのシーンやあのシーン、見たいなと思いながら…

 

すでに、懐かしいですね。

おとわ、鶴丸、亀の丞の幼なじみの三人の様子が少し、

見ることが出来ました。

今思えば、幼いころの三人の関係がずっとこのお話の

大切な軸になっていると思います。

井伊家に起きる波乱万丈も、この三人の関係ゆえ、

良い方と良くない方とをぐらぐら揺れているように思います。


井伊直親(亀)が討たれ、今は小野政次(鶴)との間の

攻略に一喜一憂するドラマの展開ですが、

見ている方としては、

なんとか、政次は直虎を助けてほしい。

と。

まだまだ、政次の真意が読めないんですよね。

どうするつもりなんだろう…


政次は直虎に何度となく後見人を降りて自分に任せよ、

と言ってますが、これが、

時には直虎を助けるためと思えたり、

時には、今川の信頼を得て成り上がりたい様にも思えたり、




いったいどっちなん!


でも、さすが戦国時代、はかりごとはどっちもどっちですね。

ただ、主人公は「直虎」ですしね。

主人公を悪くは言えない。

はかりごとも、「直虎様、さすが!」 と、

見ている側に思わせる、脚本家、演出家。

どちらも女性だそうで。


女性を見くびったらあきませんよ~


さて、第十七回では、虎松の扱いに大人が右往左往でした。

そんな中で、鶴の一声。

あ、政次(鶴)の声ではなくて、


あやめ 『直虎様は母上にはなられませぬよ。

なられるとすれば、父上でしょ。』


とあやめさん(光浦靖子)がしのさん(貫地谷しほり)に言いました。

これで、しのの長年の直虎に対するライバル心も少しは

納まります、きっと。


大変なのは、「種子島」

うっかり、種子島の弾を、落としておいたことから、

事もあろうに、政次に見つかって、

早速今川から、使いが来ました。


さて、直虎はどうするのでしょうか。


ところで、今、旅の男という謎の人物が、直虎にアドバイスをして

助けになってくれてますが、一体全体、正体は?


旅の男(柳楽優弥)、大胆な出場でした。

が、直虎はまったく意に介さず。


これから先、どう関わって行くのでしょうか。

 

ではまた

 

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こどもの日 | トップ | 蒲郡でいちご狩り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おんな城主直虎」カテゴリの最新記事