kohは今日も元気です

俳句のことや、テレビ番組のことなど、日常を書いています。

浜松城

2017-06-29 11:20:49 | おんな城主直虎

  

 大河ドラマ「おんな城主直虎」では、

 

徳川家康の動きが気になる反面、

 

瀬名姫の膝を枕にデレデレしたりして、もひとつ話が進んでない気もしますが

 

でも、政略結婚があちらでもこちらでも、

 

戦国時代の理不尽です

 

とはいうものの、今に伝わる家康の評判は、例えば浜松では

 

「家康出世の町・浜松」

 

 

こんな看板を、浜松城で見ました

 

 

浜松城

 

 

「若き日の徳川家康」 と印された像が浜松城に建っていました

 

天守へは階段をたくさん登らないと着けません

 

見てる…

 

 

 

 

ここでは、後に模倣で造られた天守より価値のあるのが、石垣

 

浜松城の石垣は、とても荒々しく、年月を経ているようです

 

これは、野面積み(ノヅラヅミ) と呼ばれるもので、石は自然の形そのままに積まれています

 

400年ほど前に積まれたままに残っているとのこと、丈夫なんですね~

 

石の種類は、主に、硅岩(浜名湖北岸の山の石)

 

その他、石灰岩、結晶片岩です

 

 

 

この石垣は二代目城主、堀尾吉晴(1590年頃)の頃のものと言われています

 

なかなか険しい入り口でした 

 

 

天守閣最上階から見たのですが、クレーンの後ろにかすかにかすかに、

 

見えますか? 富士山です。

 

頂きから放射状に雪が残っています。

 

かなり、ズームして、撮ったのですが

 

『お正月以外は見えません!』  とは、お城のガイドさんの弁

 

私は、押してこの写真を見てもらったら

 

『アラッ、富士山ね、今まで見えないって案内してきてたわ』

 

私は、ちょっと気分がよかった~

 

 

城内はさほど広くないのですが、展示物も沢山ありました

 

なのに、軍扇だけでごめんなさい

 

軍扇

 

これは、城主が持つものですよね?

 

家康の持ったものか、その後の城主か?

 

説明を読んでこなかったので分かりません、ごめんなさい

 

しかみ顔の絵(徳川家康三方ケ原戦役画像)ありましたが複製だそうでして(^_^;)

 

 

 

野面積みの絵 

 

 

天守には、本丸とは別に、天守曲輪(テンシュクルワ)という区画があり

 

東に天守門、西に埋門(ウズミモン)が設けられ、外には更に「土塁」が巡らされていました

 

このように強固な守りの浜松城には家康の後に歴代の城主が着きましたが

 

江戸幕府の重臣となっていくものも多く、「出世城」とも言われたそうです

 

 

井伊谷では、虎松もしっかりしてきました

 

これから先、どんな風に家康と巡り合い、どんな風に取り成されていくのか

 

井伊家が江戸幕府に置いて高い地位を築くようすがドラマで描かれるのも

 

そう遠くないと思うのですが…

 

さて、次回は如何様に…

 

ではまた

 

 

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 俳句会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おんな城主直虎」カテゴリの最新記事