kohは今日も元気です

俳句のことや、テレビ番組のことなど、日常を書いています。

伏見散策

2017-04-25 19:48:11 | 京都

 

 

先日、句材を探して伏見の町を散策の時、

最後に訪れたのは、「月桂冠大倉記念館」 でした。

 

祈念館中庭

 

 

 

伏見城の外堀だった 「濠川・ほりかわ」

のほとりで、

寛永14年(1637) 初代、大倉治右衛門が、「笠置屋」 の名前で

酒造業を始めたのが、今の、「月桂冠株式会社」 始まりです。 

お酒の銘柄は、「玉の泉」から始まりました。

 

 

伏見は、秀吉の築いた伏見城の城下町として栄え、

水運が整備され港町として、また、参勤交代の宿場町として栄えていました。

 

 

 

もうすぐ400年になるんですね~

 

その間には 

慶応4年(1868) 鳥羽伏見の戦いがありましたが、

運よく、大倉家本宅や酒蔵は被災をまぬがれました。

 

近年の発掘で、その時の砲弾や 「笠置屋」の名の入った大徳利が出ています。

 

 

鳥羽伏見の戦いでの砲弾

大きいのが薩摩藩の軍(新政府軍)のもの

小さいのが旧幕府軍のもの

なんだか、これで勝敗も分かるような…

 

京都周辺の兵の数は新政府軍が5、000名で、旧幕府軍が15、000名、アレッ?

 

旧幕府軍は、指揮官が不在、狭い道を縦隊突破、

などで優勢なはずの兵力を生かせ切れてなかったんですね~

そこへ、このデッカイ砲弾ですから…

 

この後、上野戦争、会津戦争、箱館戦争へ

 

明治時代へと続いたという事なのですね。

 

明治に入ると、ハワイ、ホノルルへの輸出を始めます。

 

明治38年(1905) 「月桂冠」 が生まれます。 

 

明治の末には、酒造研究所を創設し

「防腐剤なしの瓶詰清酒」

に、成功します。

 

なんと、今までずっと大倉さんは男系で代々継いでいっておられるとか。

すごいですね。

 

 

柳と桜が、とてもマッチしてました♪

 

 

伏見が酒造りの町としてあるのは、

「伏水」

に尽きますね♪

 


あ~ほろよいの伏見散策

 

 

もう、影も形もございません

 

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道の駅びわ湖大橋・米プラザ | トップ | 吟行で近江八幡へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
月桂冠 (しまそだち)
2017-04-26 11:03:17
ここへは 行ったことあります
霧雨のなか お庭(?)が 素敵でした

歴史も勉強されたのですね

桜の水路も風情が ありますね
哲学の道より落ち着いてます

田舎の作り酒屋さん 今は ソーラーシステムに変身していたりして
悲しい

歴史を守るって凄いです
努力だけでない 何かを感じます
しまそだちさんへ (koh)
2017-04-27 10:38:08
コメントありがとうございます。
月桂冠、行かれたのですね♪
酒造りの昔の設備がきちんと残っていてすごいですよね。
月桂冠のお偉いさんのような方が、説明をして下さったので、皆で聴いていました♪
展示には含まない、こぼれ話が聴けて良かったです(^^♪

月桂冠も、この祈念館とは別の所に大きな近代的な工場もありました。
大倉記念館には、展示と隣り合った酒蔵で今も昔の工程を残して造っておられるそうです。
その生産量は、とても世界中への出荷量には及ばないとは思いますが、
代々残しておられるのはすばらしいなと思いました。
「努力だけではない何か…」
なんでしょう?

宿題にしてください、考えてみます(^_^;)
ん~なんやろ???

コメントを投稿

京都」カテゴリの最新記事