松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

変わった、高齢者アパート。

2016-10-11 15:53:48 | 日記・エッセイ・コラム

 昭和59年夏、桑田・清原擁する絶頂期のPLとベスト4で対戦し、8回に桑田の「疑惑のホームラン」で逆転負けした(ことになっている)農業高校のグラウンド裏に、その施設はある。もといっ、ここは「施設」と言わない。「サービス付き高齢者住宅」通称「サ・高・住」と呼ぶ。

 ここの運営推進委員の一員となっている私は、11時半にご案内を受けて11時に歩いて行った。と言うのは駐車場がイベントの場になっていて、有名な県南のうどん屋が来ていたからだ。

 秋田市泉の泉太鼓のオープニングをじっくり聞いてから、会議の行われる食堂へ入る。メンバーは管理者と3町内の会長、地域包括センター、入居者の家族など。ここは日本でも最先端を行く「地域包括ケアシステム」を実践中の、謎の家だ。

 例えば病気退院後に自宅へ直帰する自信のない人は、1~3か月の短期入所をして介護保険サービスを受けたり、自宅に居ても24時間緊急コール対応・定期巡回・訪問介護看護のサービスを受けられる。

 長期入居者でも、自由に自宅を行ったり来たり出来る。つまりここは、入ったらもうそこで終わるためではなく、住宅復帰を支援する「高齢者アパート」なのです。

 きょう見えたご家族は、脳梗塞を患ってから来た人と認知症の人のご家族らしい。一通り管理者から報告があってから、意見を促された。お二人とも「感謝で一杯です」とか「楽しく過ごしています」とか満足していらっしゃる様子でした。

 昼に近い時間の招集で、変だなあとは思いましたが、最後に稲庭うどんが待っていました。思いがけないものをご馳走になりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追分ふれあい大会 | トップ | 敵地でPK献上は、日本のお... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。