松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

いい日、ヤク絶ち。

2016-11-05 16:21:46 | 日記・エッセイ・コラム

 今まで病気らしい病を経験無かった妻が、救急に行くと言い始めて戸惑っています。血圧が高く、めまいがして動けない時があるのです。循環器やら婦人科、耳鼻科をはしごして、いっぱしの「クスリ持ち」になってしまいました。

 

 中でも「エチゾラム」というデパスのジェネリックを処方されて、飲みました。これは依存性が高いヤクで、飲み始めたら止められません。

 私はかれこれ15年、依存しています。これではいかんと現役時代、年末年始休暇を利用して「ヤク絶ち」を始めました。72時間ほど頑張って、ついにあきらめました。この時の心理状態は、完全な鬱状態でした。寂しくて寂しくて、家族がいるのにどうしようもなく寂しい。長男が大学に戻る時、この世の終わりぐらい寂しかったです。

 最初におかしくなったのは味覚でした。大葉すら刺激が凄くて、食べるものが限定されました。その後ずっと幻聴が聞こえました。夜一回来た除雪車が、その後ずっと聞こえました。実際は1回も来なかったかも知れません。

 心臓もこれ以上負担が掛かったら危険だと判断し、ヤク絶ちを止めました。

 だから妻には依存性の強さは伝えました。

 でも困ったことに無理と言われると、やりたくなるくせが私にはありまして、またいつかヤク絶ちに挑戦しようと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の華 | トップ | あじまん、を食う女。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。