松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

森山直太朗の歌唱力

2016-12-24 16:02:27 | 日記・エッセイ・コラム

 タモリ司会のMステ、ほぼ見ました。今、編集して再度森山直太朗の「さくら」を聴きました。あらためて凄いなあと思います。歌唱力が。

 歌うまで、ふざけているのですが、歌になると変わります。人に伝える力があります。この歌は沖縄のあるホテルで、ウエルカム演奏のフルートで聴いて、曲の良さを再確認したことがあります。だからよけいに印象に残っています。

 そのあとの親子のデュエットも素晴らしかったです。全編スキャットなんですが、まるでミュージカルでした。振付がラッキー池田、後ろの「森の音楽隊」のパフォーマンスも二人と呼吸ぴったりで、踊りも上手で只者ではないです。決めポーズのあと、司会者に映像が移りましたが、タモリが口を半開きにしていました。

 軽い人間かと思っていましたが、どうも中身のあるちゃんとした人間のようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陛下に応えたい、国民の自然... | トップ | ホワイト・クリスマス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。