松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

横断歩道では、停車すべし。

2017-06-13 13:29:13 | 日記・エッセイ・コラム

 秋田県における交通死亡事故は、聞き間違いかも知れないが全国一少ないという。免許証返納の効果が上がっていると言いたいらしい。これは大胆な変革だと思う。他人でもいいんだそうだ。申し出る人は、家族でなくてもいい。すると本人が知らぬ間に免許が失効していた、ということも有り得る。施設に入居の老人などが対象だと説明している。

 もう一つ画期的な取り締まりを始めた。信号のない横断歩道で渡りたい人が立っていたら、車は止まらないといけない。これは自動車学校で習う通りだ。これをしないと、捕まる。当たり前のようだが、実際は車が堂々と通過する。

 近頃の老人はドライバーを信用していない。止まってあげても、前を歩こうとしない。やり過ごそうとする。お互い譲り合って、日本人の美徳だなあと喜んでもいいが、案外譲られた方は気を遣う。さっさと横切らなきゃ、と思うのだろう。近頃では、めんどくせーと思いながら先に行く。

 教科書どおりに止まったために、後ろの車が気が付かず、追突されたことがある。若い彼女は膝を痛めて入院した。なんか知らんが、後ろめたい気持ちになった。こっちも半年、むち打ちに悩まされた。いいことをした見返りが、これかよ。まったく割に合わない。

 小学生が手を挙げて、車が止まって、よくやつらドライバーを信頼して、渡れるなあと、今では思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘクソカズラとイタチハギ | トップ | 中継の、タイムラグが気にな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。