松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

NHKの期待を、裏切ってくれた稀勢の里。

2017-01-25 13:24:33 | 日記・エッセイ・コラム

  けさのニュースでNHKは、どんな難しい4字熟語をしゃべってくれるか楽しみにしていたらしい。ふん、ばからしい。あれが一番、伝統にふさわしくない。

 普段使わない日本語をどこからか見つけてきて、さももったいぶった風に返す口上。あれが一番、教養の無さを露呈している。元若乃花の花田虎上氏は堅忍不抜(けんにんふばつ)を間違えたって、証言していました。そればかり気になって、何を言ったか分からないなんて、これぞ本末転倒。稀勢の里は良くやった。拍手を送りたい。

 除雪車がね、別の道をやっていったんですよ。あったま来た。道路除排雪コールセンターに掛けて待つこと10数分、ようやくつながった彼女に怒りをぶちまけてやりましたよ。もう一升瓶は渡さないぞ。にゃろめ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 論点整理は「屁理屈」のオン... | トップ | 目には目を、口撃には反撃を。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。