松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

皇室の宝

2017-04-05 12:06:07 | 日記・エッセイ・コラム

 想像してみて下さい。自分がもし人間国宝級の美術品を作る人間だったら。例えば金銀銅杢目金(もくめがね)の作者だったら。

 自分でもいい出来だと思えるものが完成して、皇室に献上したいと思った。そうして正倉院の宝物は増えていったのかも知れない。

 それに課税が掛けられるって? だから宮内庁が杢目金を国に寄贈する。国とは誰? 政府でしょう。えっ、じゃあ安倍さんに送ることになるわけ? 国はそれらを担保にして、借金を増やしたりしているわけ?

 いかん、いかん。それじゃ趣旨が違ってくる。献上するの、やーめた。こう考える人は多いに違いない。

 ましてや「三種の神器」に課税する? 相続税が掛かる? あり得ない!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潟の子猫 | トップ | GACKT様、サンタマリア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。