松美の言絵(いえ)

私は誤解されるのが好きだ。言い訳する手間が省けるから。

ボート会場東北に、持って来いやーっ。

2016-10-17 12:00:27 | 日記・エッセイ・コラム

 わたくしは、ボートを漕いだことがあります。池のボートでも、スワンでもなく、競技としてです。

 由利本荘市の羽後本荘駅から本荘高校の生徒は降りてきます。本荘高校には伝統あるボート部があります。練習会場は1級河川「子吉川」です。本荘はボートの街でもあります。本荘高校の他に由利高校と由利工業高校、南中学校にもボート部があります。

 私が漕いだのは「舵付きフォア」と呼ばれる4人で漕ぐやつ。後ろに一人、舵を持って掛け声を掛ける人が乗ります。毎年恒例だった「ボート大会」です。ゴールは今では街のランドマークとなった由利橋です。どうも今は、やってないようですね。40年前の話ですからね。

 もろアマチュアだった私は、ごっつい体育の教官たちと一緒に乗ることになりました。若かったけど腕力の差は明らかで、さっそく「腹切り」を経験しました。ひとりだけオール(ブレード)を引く動作が遅れると、水流と仲間のオールが邪魔をして、自分のオール(ハンドル)が腹に食い込み、「ぐえっ」となります。これを称して「腹切り」と言います。

 座席がスライドして、うまくいくと気分がいいのですが、ここでも足の長さが違う自分は、がに股で3人に合わせます。きっとストロークが適正で、うまく足の力を出せたら、水面を滑走する楽しさを充分に味わえたことでしょう。6年も居て、思い出はそれしかありません。

 ボートは手と足、腹筋と背筋。およそ全身の筋肉を使う競技です。筋肉をイジメたい方には是非お勧めします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前田と大谷の「笑い」は違う。 | トップ | 10月は、周年事業の季節。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。