新・名も無い馬ですが・・・・・

2013年11月3日に旅立ったマイネルスティング。
その想い出と一緒に、これからも名も無い馬たちの応援をしていきます。

人と馬の絆が演じるドレッサージュ

2017-02-14 | 日記
話は遡るのですが、群馬から帰ってきて職場で「もうすっごい雪だったよ」と騒いでいたら、仲間に窓の外を指さされました。
そこには見慣れた雪景色が・・・。

        

そうでした。
ここは大雪の本家本元、北海道でした。
積雪が当たり前すぎて、初めて雪を見た気分になっていました。
目の前しか見えていないエドリンです、こんにちは。

    

2010年12月31日大井競馬1レースを12着で終えた時、ツルマルヨシカゼの競走馬生命は終止符を打たれました。
6月にデビューして半年、まだ2才でわずか4戦だけの競走馬暮らしでした。
そしてそのまま家畜商へと送られました。
新馬デビューしてもこんな風に短い競走馬生活しか送れず、人知れず消えていくたくさんの馬達。
ヨシカゼもそんな中の1頭でした。
ただ、彼には何かがついていました。
その家畜商は、ある乗馬クラブの直ぐ近くで、偶然ヨシカゼを目にしたクラブのオーナーが彼を買い取ってくれたのです。

その乗馬クラブとは、群馬県にあるアリサ乗馬クラブ。
そうです、今は引退馬協会のフォスターホースとなったキョウエイボーガンが暮らすクラブです。
私達がお伺いした時、そのクラブのオーナー、中山先生はちょうどボーガンから2つ隣の馬房のお掃除をしていました。
中にいた栗毛の馬は、先生がその仔の首の下をくぐったり、片脚を持ち上げたりして掃除しても嫌がって暴れたり、齧ろうとしたりもせず、ただじっとなすがままで、ただ眼だけは先生の動きを追っていました。
「この仔はね気難しいとこがあって、今まで僕しか扱えなかったんですよ」
先生が私たちの方を見ながらおっしゃいました。
「そうなんですか。おとなしそうに見えるのに」
「今は大分穏やかになりましたけど、こんな風に出来るのはやっぱり僕だけなんですよ」
あまりの寒さに話しの続きはハウスの中で、と先生もお掃除を終了なさいました。

ストーブの暖かさにホッとしながら、私たちは雪がおさまるまでDVDを見せて頂きました。
それは、先生と1頭の馬がまるでダンスをしているような映像でした。
「これがドレッサージュです」
そうなんだ。
これがオリンピック競技にもある馬場馬術なんだ。
馬と云えば競馬しか思い浮かばないような情けない私でも、馬場馬術という名前くらいは知っています。
「いいですか、良く見ていて下さい。 だんだんと馬の尻尾の根元が上がってきます。これは馬が乗ってきたと云う事なんです。」
そう説明されてじっと見ていると、確かに少しずつ音楽に合わせるように尻尾の付け根が持ち上がってリズムをとっているように見えてきました。
「馬が楽しんでいるでしょう」
確かに、馬の踏むステップがノリノリの感じがします。
ふと疑問に思った事を聞いてみました。
「先生は何の指示も出していないのですか?」
お馬は軽やかにステップしているのですが、上にいる先生の体はピクとも動いていないのです。
「いや、ちゃんと指示していますよ。ただ外からはわからないでしょう」
「どうやっているんですか?」
「臀部の筋肉を動かしています」
って、お尻の筋肉を動かすだけで馬には何をすべきかわかるの・・・?
「ただし、それが出来るのは彼だからなんです」
そんな微妙な動きにしっかり反応できる凄いお馬、それがあの栗毛のヨシカゼ君だとその時知りました。
「彼って凄いんですね」
「いや、本来どんな仔でも出来るんですよ。 教える技術と時間、根気と愛情さえあれば。現にこのヨシカゼはみんなからこんな駄目馬とか、馬鹿馬とかさんざん言われていたんですよ。」
「そうですよねぇ」
今までニコニコと見ていらした奥様が、先生の話を引き継ぐように話しだしました。
「あれだけヨシカゼの事を馬鹿馬、馬鹿馬って言ってた人が、ヨシカゼの演技を見て“是非売ってくれないか。金なら幾らでも出すから”って。どんな顔して言ってるんだろうと先生と思わず顔を見合わせましたよ」
「本当にあの時は目が点になったね。どれだけ札束を積まれても売る分けがないですよ」
先生がヨシカゼ君を手放すはずがないのには、実はもう一つの理由がありました。
「ヨシカゼは私の命の恩人いや恩馬なんですよ」

ネット競馬のコラムでも書かれていましたが今から4年ほど前、先生は心筋梗塞で倒れドクターヘリで運ばれたそうです。
意識のない状態で先生は夢を見ていたとか。
「大きな河があってね、その向こう岸でアリサをはじめここで亡くなった馬達が僕を呼んでいるんですよ。早くおいでおいでってね。で、僕は河に飛び込んで泳ぎ始めたんですよ。そしたら突然ロープの束が飛んできて僕の体に巻き付いたんです。誰だ?と思って振り返ったらヨシカゼがロープを掴んで引っ張っているんですよ。そっちいっちゃ駄目だよ~って。それで僕の意識が戻ったんです。あのままだったらヤバかった(笑)」
「あの時はもう駄目かと思いました。あとでその話を聞いて、ヨシカゼに感謝しました」
そう言う奥様の声は、その頃を思い出すかのように心なしか震えているように聞こえました。
「だから僕はヨシカゼを手離す事は絶対にないんです。」

テレビ画面のヨシカゼ君はますますノリノリで、音楽に合わせて軽やかにステップを踏んでいました。
それは競技と云うより、人と馬があ・うんの呼吸で一緒にダンスを楽しんでいる姿でした。
それを見ている私たちも思わず体でリズムを取ってしまう、そんな楽しさのオーラが溢れていました。

産まれて2年しか生きていないのに、しかもたった4戦で競走馬を首になり死を宣告されたヨシカゼ君。
人を信じられなくなってても当たり前でしょう。
その彼の心をゆっくり溶かし、素晴らしいドレッサージュの競技馬に成長させてくれた中山先生。
その先生への思いがきっと、あの命のギリギリの所で先生を引き戻させたのだと私は思います。
人と馬の心の絆が、見る者の心に透き通った感動を与えるのではないでしょうか。

先生は何度もおっしゃいました。
「駄目な馬なんていないんですよ。しっかり教えてあげられる技術を持った人間が少ないんです。愛情を持ってその仔にあった教え方をしてあげたらどんな馬でも覚えてくれます。それが出来ない、覚えるまで待てない、そんな人がこいつは駄目だと決めつけて切り捨てるんです。」
競走馬名ツルマルヨシカゼは、2才からここにきて賀風になり7年たちました。
7年間の時間をかけて今の賀風がいます。
この時間は、1人の人間と1頭の馬の、強い強い信頼を作りあげた宝物のような時間だったと私は信じています。


         
 奥の栗毛ちゃんが賀風くんです。 手前は梵天丸くん。



        
 この日の先生風邪引きで、本当はもっとダンディでカッコ良いんです、念の為(笑)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

美しき帝王の娘、母になる。

2017-01-30 | 日記
 本来はボーガン君の続きの予定だったのですが、嬉しい話が飛び込んできたので、ちょっと予定変更しちゃいます。
中山先生と賀風君のお話はこの次と云う事で、宜しくお願い致しま~す。
というわけで今日はオチも何もなし、アイソナシのエドリンです、こんばんは。

    

中札内の乗馬クラブでお仕事をしているケイウンコユキとケイウンルビーが5月にお母さんになります。
ケイウンコユキは2007年、ナイスネイチャが暮らす渡辺牧場さんで、父トウカイテイオー、母コユキの間に産まれた牝馬です。
チームテイオー、テイオー産駒の会の会員でもある私的には応援しない筈がありません。

そして2009年、名古屋競馬でデビューしました。
天性のスピードであっという間に3連勝をあげ夢を見させてくれましたが骨折。
そこから長く厳しい日々が続きました。
それでも頑張ったコユキにご褒美が。
周りの人達の暖かい思い遣りで早目の引退が決まり、2011年、生まれた渡辺牧場さんに帰ってきたのでした。
当時のことは以前にこのブログでアップしています。(クリックすると跳びます。)

    帰郷・・・・ケイウンコユキ

    美しき帝王の娘***ケイウンコユキ

それから2年、痛めた脚もすっかり治り牧場でのんびり暮らしていたのですが、乗馬に欲しいと云う方が現れ、仲間のケイウンルビーと一緒に十勝の中札内ライディングクラブに移動して行きました。
コユキもルビーも同じ5才。
養老生活をするにはまだまだ早い、という事で第2のお仕事の始まりです。
本当の余生を送る年齢になったら、また、ここに帰って来ることになっています。
そこで乗馬のお仕事に頑張っていたのですが、もう一つのお仕事が与えられました。
それは、お母さんになると云う事。
そして、2頭とも仲良くというか、無事にオメデタとなり、5月には一緒にチビちゃんが誕生してくるのですよ。
名古屋競馬時代からずっと、ハラハラしたり喜んだり、心配してきたあのコユキがママになる・・・・不思議な気持ちです。
ただ、お相手がウエストファーレン種という乗馬用のお馬さんなので、産まれた仔供は競走馬ではなく乗馬の道を行きます。
おチビさん達の初期馴致や調教は、ここのクラブでするそうなので、産まれてからも当分は親仔一緒にいられるようです。
何よりもまずは2頭の無事安産を願います。


       
    移動した頃のコユキ(赤無口の仔)とルビー(青無口の仔)です。(渡辺牧場ブログさんよりお借りしました)


    
    今のコユキちゃんです。立派なおなかです(笑)


        「何か文句でも?」byコユキ 


        こちらはルビーちゃんです。


        「私じゃないのよ、お腹の赤ちゃんが食いしんぼなの」byルビー



そして、こちらがムコドノ、バウザーピノ君です。何とまだ2才の年下ボーイです。
        若さ一杯で元気ハツラツのイケメン君です。




コユキもルビーも体調に気をつけて、出来るだけ楽に元気な仔を産んでね。
その日まで毎日、安産を祈ってます。   


                              
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

明けましてボーガンだよ~!続き

2017-01-23 | 日記
今回の旅行での反省点。
千歳空港に2時間近く前に着いたのに、手続きにもの凄~~~く時間がかかり、慌ててお土産を買うはめに。
大急ぎで買い物を済ませて出発ロビーに行き長蛇の列に並んだけど何となく違和感がして、通りかかった係員の人に尋ねてみると、私の乗るべき航空機のロビーは隣だとわかり、またまた慌ててそちらに着くと、その飛行機の乗客で手続きしていないのはあと一人、つまり私だけ。
その便のスタッフさんとヤキモキしながら順番を待っていたのだけど、なかなか進まない。
私も焦っていたけどそのスタッフさんも焦って、ついにジャンプという特別措置で並んでいる人達を飛び越えて1番前にいき荷物チェック並びにボディチェックを受け、あとは機内までそのスタッフさんと一緒に走る、走る、走る。
やっと何とか機内に入った時には息も絶え絶え。
おばさんにはキツイ搭乗でした。
帰りの飛行機にはたぁっぷり時間をとって手続きしました。
生まれて初めて登場口から機内までランニングしました、エドリンです、こんばんは。

    

ちゃんと運賃を払って堂々と(?)駅を出て迎えに来て下さった車に乗った時には、雪も小降りになり雲の隙間に青空も覗いていました。
「帰る頃にはやんでるかもね」などとお気楽な事を話していました。
が、クラブに着いたあたりから降りが強くなりだし、気象予報の大雪警報大当たり~といった感じでした。
この天気ですからお馬さん達は馬房の中。
久々に会ったボーガン君は冬毛モコモコで、ぬいぐるみのようで可愛い。
前回に会って驚いた渡辺牧場生産のキゼンラック君とも再会です。
一通りご挨拶をすませてハウスの中へ。
「あったか~~い」ストーブさんのありがたさに改めて感謝です。
小止みになるまで、とハウスの中で中山先生と奥様とおしゃべり。
そして、馬に対するいろんな思いをお聞きし、先生のドレッサージュ(馬場馬術)のDVDを見ながら、この馬とのいきさつをお聞きし、初めてお会いした時に「本物のホースマンだ」と思った気持ちは間違ってなかったと再認識しました。
この話は後ほど書こうと思っています。
この間にも雪は降り続き、先生は馬場の除雪に、奥様は馬房のお掃除と、そしてお掃除の間ボーガン君を洗い場に出しますというので、私たちも写真撮りに雪の中出て行きました。
では、寒さの中頑張って撮ったボーガン君の写真集の始まり、はじまり~。


               「ボーガン君、お久しぶり~~」挨拶してるのにお食事中のボーガン君は顔をあげてくれません。



                さすが北海道生まれ。 馬着の中で汗をかいてるので体を乾かすため脱ぎ脱ぎです。


                「雪ふってるのに写真撮るって・・早くしてよね」by ボーガン  


       


       
       「あ、ヤナ音が始まったぞ」by ボーガン

    
            先生が電動除雪機で雪を飛ばす音が嫌いなボーガン君です。
     「あの音やめて」 byボーガン


       
   「お掃除まだ終わらないのかなぁ」by ボーガン


            渡辺牧場産まれのキゼンラックです。体が固いと1度乗馬クラブから出された彼ですが、今ではミスターナカヤマの     ベストパートナーです。



馬友さんが撮ってくれた私とボーガンです。

           今にもヨダレを垂らしそうな締まりのないボーガン君(笑) 「お多福のあんたに言われたくないな」by ボーガン


           「ニンジンくれたから許したげる」by ボーガン 


今年28才になるボーガンですが、まだ馬体も若々しく、少年のような瞳をしています。
ここでは毎日、朝晩、中山先生が馬達の心音を聞きます。
それで体調を判断して、それに合わせて運動やお仕事をするのだとか。
ボーガンも状態を見ながら体調維持のための運動を行っているそうです。
これがボーガンの若さの秘訣なのかも知れません。

この次はお天気の心配のない季節に来ようね、と馬友さんと話しながら帰りの電車に乗りました。
そして、切符はちゃんと前もって買う事も肝に銘じました。

もうすこ~し続きまァす。      
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明けましてボーガンだよ~!

2017-01-20 | 日記

新年のご挨拶にはちょっと遅い感じですが、2017年初めてという事で、「明けましておめでとうございます。今年もこのグウタラブログを見限らずに宜しくお願い致します。(ペコリ)」
新年早々風邪に見染められて、鼻グズ咳コンうるうる涙目で仕事に励んだエドリンです、こんばんは。



世間のお正月気分にも惑わされずに仕事に集中したのには、ちゃんとその後のご褒美があったからでした。
引退馬協会の新年会参加と、去年からFPになったキョウエイボーガンに会いに行くというダブルのお年玉です。
その為に昨年の11月からせっせと準備し、風邪菌をやっつけるべく気合いをいれて頑張ったわけです。
普通なら土日は余程の事情がない限り休めないのですが、職場の仲間が後押ししてくれた事もあって実現しました。
持つべきものは良い仲間です。
そんなこんなで、大寒波が押し寄せているとお天気お姉さんやお兄さんが騒いでいる1月14日の土曜日、東京へと飛び立ちました。
飛行機が飛ぶかどうか心配だったのですが、全く問題なく無事に成田に着きました。
それにしても外国人の多い事。
日本って本当にインターナショナルな国になったのだなぁと驚く自分に、時代のずれを感じてショックを受けたのでした。
3時に到着して4時にホテルチェックイン、待ち合わせ時間が5時と息つく暇もなくアタフタと電車に乗って会場場所の銀座へ向かいます。
久々に会う馬友さん達。
そして初めましての若い会員さん達。
会った瞬間から話はお馬の事ばかり。
ここだけでは足りずに移動した2次会でもお馬話に花が咲きっぱなし状態でした。
馬しかないんかい!って、我ながらホントそう思います。
でも、何よりもこれが思いっきり楽しかったひと時でした。







そして朝、雪は気配も無くなかなか良いお天気。
ボーガン君との久々の再会にルンルン気分でYさんとの待ち合わせ場所へ。
まずは高崎へ向かいます。
そこから吾妻線に乗り換え小野上までいくわけです。
テレビで降雪情報が流れていたので、駅で聞いてみましたがとりあえずは大丈夫そうなのでレッツゴー!
確かに高崎までは曇り空とはいえお天気さんでした。
乗り替え時に駅弁を買って電車の中で食べました。
何だか旅ってる気分でちょっと盛り上がったんです・・・・が
1つ目2つ目と駅に止まるほどに変わって行く景色。
そして中ほどまできたら・・・・あらぁ、北海道に帰ってきちゃったのかな?
そんな言葉が出るくらいの雪景色。
「あら、まぁ」2人で思わず顔を見合わせてしまいました。

    


    



それでも何とか無事に目的地に到着。
ところが、ここでまた大きな問題が。
私達は出発時、時間に追われて運賃を調べるひまも無く、着いたら精算すればいいネと適当に切符を買ってきたのです。
それがこの小野上駅は、無人の上に精算機もなく切符を入れて通る改札口もないのです。
私達は一瞬どうしたものか途方にくれました。
たまたま電車がまだ止まっていたので、急いで車掌さんの所へ行き事の次第を話しました。
女性の車掌さんは、苦笑いしながら「ここで多少の待ち時間があったから良かったですが、これからはもっと早く言って下さいね」と、料金を調べてチケットを切ってくれました。
「良かった、良かった」とチケットを貰ったは良いですが、それをどこに入れたら良いのか。
何せ改札がないのですから。
で、また走って女性車掌さんの元へ。
切符はポストに入れて下さいと言われ探すと・・・・ありました。
無賃乗車はしなかった証拠写真です。

      



でもこれじゃそのまま行っちゃう人もいると思うんだけど、赤字運営にならないのかなぁ、などと心配したりしながらも何となく可笑しくて、2人でニタニタ笑いながらお迎えの車を待っていました。

続いちゃいます。
(ボーガン君はこの続きにいっぱ~~~い登場しまァす)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

☆トップハートコンを忘れない・・☆

2016-12-19 | 日記

日が短くなると1日が過ぎるのが早く感じます。
そのせいかどうか、今年も後2週間を切りました。
1カ月ほど前に早々と作った年賀状、まだ引き出しの底に眠ったままです。
そろそろ書かなくてはと、さすがに気がせいて来ました。
明日から書こうと思っています。
思うだけ・・・・・・・かも。
我ながら自信がないエドリンです、こんばんは。

     

結果は別にして、私的には大チャレンジだったエッセイ応募。
今年の自分ニュースのトップはこれに尽きます。

私がハートコンの事を知ったのは、すべてが終わった後でした。
1頭の馬にかける想いは十分に理解できますが、その仔に賞金を稼がせたいと冠レースをやるという考えに、まず驚かされました。
冷静に考えれば、
・そのレースにハートコンが出られるかどうかわからない。
・出られたとしても、5着までに入れるかどうか定かではない。
・レース名に実名をつける事でプレッシャーを与えてしまうかもしれない。
私ならそんな風に考えてしまい躊躇してしまうんじゃないかと思うのです。
でも、そんな理屈など蹴飛ばして行動を起こした、彼女の想いの強さに私は圧倒されました。
そこまでハートコンを愛した彼女と愛されたハートコン、何とかしてこの事を沢山の人に知ってもらいたい、そんな強い思いにかられて書いてみたいと思ったのです。
競走馬という道しか選べない馬達。
でも、馬には走るだけではない、もっと違う能力もあると彼女とハートコンが証明してくれました。
馬の魅力や能力を生かす事ができる仕事が増えたなら、命を繋げられる仔達が増える、単純な私はそんなふうに思ってしまうのです。
いつの日かきっと・・・・そんな夢を持たせてくれたエッセイ応募でした。

そして、馬友さんを通じて、トップハートコンの画像をお借りすることができました。
撮影した方は、トップのように、その他大勢で馬生を終えてしまう仔達の記録係として、せめて写真の1枚でも残してあげたいと、競馬場に通って写真を撮っている方です。
勝利した馬が華やかに口とり写真を撮っている陰に、ひっそりと帰路につく負けた馬達。
そんな仔達へ思いを寄せる人達もいると知っただけで、わずかずつでも何かが変わって来るような希望が生まれてきます。
その方の思いがこもったトップの写真です。
そして、この方と繋げて下さった馬友さんが、実はあの日、名古屋まで行き「トップハートコンに賞金を」のレースを見に行ってくれた方でした。
その方からも画像を送って頂きました。
と言うことで、トップハートコンスペシャルやっちゃいま~す。





トップハートコン
父テレグノシス、母ブリガンディア
2012年5月29日生れ







いつでも一生懸命走ったんだけど・・・・・。




2016年6月21日。名古屋競馬第1レース「トップハートコンに賞金を」




1着馬はもうゴールしてます。



1着馬オペレッタスキー




   9枠9番トップハートコン


来年のハートコンの誕生日に冠レースを計画しています(日程の関係で多少ずれるかも知れません)。



私はこの写真を見た時、思わず涙があふれそうになりました。


 トップハートコンを忘れない



         ムラサキツユクサさん、白い星さん、ありがとうございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加