こうした動きに小池氏は26日、横浜市内で行われた「九都県市首脳会議」に出席。川淵氏の意見について「当然だと思います。経緯からすれば、引き続き同様にやってくれとおっしゃるのは当たり前」とサラリとかわしながらも、「けれども、今がラストチャンス。納税者に対して十分納得のいくものになるかどうかを、東京都として最終的にチェックしていくということ」と厳しい表情で述べた。

 各競技団体のトップから“集中砲火”を浴び、四面楚歌(しめんそか)状態の小池氏。一点突破は困難で、代替地開催を断念する公算も大きくなっている。それだけに、日本トップリーグ連携機構側との今後の交渉について「ご理解いただくことはご理解いただいて、それでもムリなものはムリということ。両方がリアルな判断をする必要があろうかと思います」と述べ、折衷案を模索する必要性を示した。