いばらきの祭りを研究する会

お祭り情報と会員同士の親睦会情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長い間のご購読ありがとうございました!

2017年06月10日 22時45分44秒 | Weblog
いばらきの祭りを研究する会は、本日水戸市内のホテルで行われた第32回総会で「会を閉じる」こととなり本ブログも閉じさせていただくことにしました。

思えば昭和61年から32年間、それはそれは長い時間でした

行方市で続けられている「どぶろく祭り」を見学した有志が、祭りを通して地域を元気にしたいとの思いからこの会は発足しました。

32年間で行った研修事業は約200回に達し、メジャーな祭りから地元の人しか知らなくなっている祭りまで、全国を歩きました。

富山県八尾市で行われる「おわら風の盆」や新潟県津川町の「狐の嫁入り」、地元では下妻市大宝八幡宮のタバンカ祭りや笠間市(旧岩間町)愛宕神社の「悪態まつり」など忘れられない思い出も尽きません

 また、地元水戸市においては「水戸藩時代まつり」や毎年8月の第一土曜に開催される「水戸黄門まつり」の最前線スタッフとしても貢献を続けてまいりました。


これらの行事では兄弟のように本当に仲良く、そして楽しく続けてくることができました。

苦渋の決断で会を閉じる決断をしましたが、これまで培ってきた人としてのつながりは終えることはありません

これからも兄姉として弟妹として楽しい時間をつくっていきたいと考えています・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常陸大津の御船祭りに行って... | トップ |   
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-11 09:36:09
本当に長い間お疲れさまでした。そして楽しい時間をありがとうございました。楽しみが一つ減ってしまいますが、今後は"独りごと"を拝読することで、祭りの会の方々とまだどこかではつながっているぞと確認しつつ日々を過ごしていきたいと思います。
本当に長い間楽しいブログをありがとうございました。
お疲れ様でした! (よっちゃん)
2017-06-11 21:30:30
コメントありがとうございます。
今となって「本当に会の解散でよかったのだろうか」と自問しています。
昨夜の総会、友部地区は残念ながら参加者が少なかったですが、ほとんどの方が出席してくれました。高島さんの発言「今年も水戸黄門祭りのスタッフとして祭りの会がやってくれると決まっている」、その他「祭りの会」の名は知っている人は良く知っているんだと。
「なにも今日限りで閉じなくてもよいのでは」・・・と
同じように心から惜しんでいる方も多くいました。
3時間以上に及んだ総会、懇親会で私は「この会の一員でよかった」と痛感しています。
もしかしたら親兄弟より身近な仲間だったと思っています。
中締めで発言をさせていただきました。
「この縁を大切に30年にわたり培ってきた人と人のつながりを想い生きていこうと」
宴の終わりは寂しさも感じましたが、「つながり」はこれで終わりではないと

本ブログも終盤、更新が不足し皆様にご満足いただけたとは思っておりませんでしたが、約10年の活動の記録を振り返ることができます。
本日、本ブログを見た方や会員の方から何らかの方法で本ブログを継続していただきたい旨の連絡をいただきました。
総会で確認されたように「いばらきの祭りを研究する会」の名称は今年度いっぱい(平成30年3月)まで使用いたしますので、本ブログもその間は閉じず何らかの情報を提供して行くことにしたいと思います。
よろしくお願いいたします。

よろしく! (Unknown)
2017-06-13 20:17:17
またみんなで出かけたいです、機会をつくって下さい

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL