カメレオンの独り言

当分は漫ろ言の漫ろ歩き、頭に浮かんだ事柄を挿絵と写真と下手な文で綴ります。色々と間違い多いですがご容赦を。

カメレオンの独り言-1841 『七日ごとにクルクル回って、人生、生きて来たね』

2017年08月07日 | 日記





 2017年8月7日







いかんねえ~、仕事辞めてから一週間に一度は曜日を間違うよ。まあ、急いて急かれることもないから、別段、しまったあっなんてないけどね。

「痴呆の一歩じゃないのか?」 残念だね、もともと痴呆がかってるからね、免疫ってのが進行を妨げて、至って一般人の顔してるよ。

「一般人の顔?」 其処らに転がってる顔だよ。いつも其々が其々なりに目標見失わずに生きてる人さんたちの顔だよ。





オレはね、今は山ん中の一匹狼で生きてるけど夢の標(しるべ)を忘れない。成るならぬなど二の次三の次だよ。

死ぬまで標に向かって歩き続けることだよ。其れを忘れない限り自分を見失うこともない。「そんなのは甘いんじゃないか?」 

じゃ、塩でも舐めろ。 良薬、口に苦(にが)しって云うだろ、己を虐めて倒れて起き上がる。そうして懲りずに歩き続けるんだよ。終わり。













『親父の仕事の配達走りまくってた頃のオレさ』 「犬だろ?」 其の頃は、おぼこかったけど、流れる血は一匹狼だよ 終わり








「待て、何が終わりだよ」 そういう時もあって当たり前だろ? ダラダラ馬鹿らしい話で人さんを引きずるだけが能じゃあない。 

「ズルいだろ?」 何がズルいんだ? 「苦しくても書け」 おまえが書け。 














『広島原爆投下』








1945年(昭和20年)8月6日は月曜日、午前8時15分、広島の空は青く晴れていたらしい。まあ、そういうことで、今日は終わり。

































ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カメレオンの独り言-1840 『... | トップ | カメレオンの独り言-1842 『... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL