きらり風物物語

1月9日に白崎海岸の水仙を見に行ってきました。風が強く水仙の花の中を海岸に向かって降りて行くと水仙の香と波しぶきで迫力!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

馬酔木(あせび)は植物の名前ですよ。

2017-03-07 12:39:22 | 日記
 馬酔木(あせび)の花が満開でした。葉の先から枝をだし、そこにスズランに似た花をたくさんつけていました。
 
 
 下向きのつぼ型の花です。
 
 あせびの葉を食べた馬があせびの毒のためふらふらになり、足取りが酔っているみたいになるということで 馬酔木 と名付けられたそうだ。草食動物はたいていこの葉は食べないらしい。動物の直感でしょう。
 馬酔木はレンゲツツジやツツジ、シャクナゲなどと同じツツジ科の植物なのです。


 ツツジ科の植物にはグラヤノトキシンという毒素が含まれています。
 トルコでツツジのはなの蜜からとったハチミツで中毒を起こしたという話を聞いたことがあります。
 馬酔木という名前の居酒屋があったような気がします。どういうものなのだろうかとフト思いました。

 
 
ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そっと咲いていた黄連の花。... | トップ | 春黄金花(はるこがねばな)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。