非論理的、非科学的アパマンハム 7K1JRC/JR2NQC/K1JRC

ベランダアンテナから世界に電波を。目指せDXCC HONOR ROLL! 
理論良く分かりませーん!

4m長アルミパイプ(CG3000) @ ZL7G(80m)

2016-11-02 20:37:36 | ベランダアンテナ

昨日のメンテナンスでアンテナ様がご褒美をくれた?

いつもの4m長垂直設置パイプ+CG3000の組み合わせで、ZL7Gの80m(CW)に拾ってもらえました。

一応、同調が取れているとは言え、80mバンドに4mエレメントですので短縮率約80%・・・・

ノイズまみれの上に、とにかく弱いんです。

正真正銘、『飛ばない、聞こえない、ノイズまみれ』の三拍子。

我が家では3.5MHz付近は正体不明?(おそらく隣のスーパーの冷凍庫)の15KHz毎の59+20dBのノイズがあります。

これ、よっぽど酷いのか、時として7MHz帯まで影響してくることがあります。

だからあまり出ないのですが、一応パイルに数分だけ記念参加して終えるパターンが多いです。

今回は何だか合わせた周波数が良かったのか、一回目のコールでJRC?なんて感じでかえって来ました(^^;

かえって来てもノイズが邪魔をして、本当に自分なのか判らない状態。

こんな感じで2回ほどフルコールしたら、CFM TUとタイミング良くかえって来たように・・・・聞こえた感じ?

おーー、しっかり出来ていました!(^^)

今までも2mのモービルホイップのベランダ水平出しでアフリカ(80m)とPHONE交信できた事があるのですが、

今回はノイズまみれの中だったので嬉しいです。

ちなみに2mのモービルホイップでのアフリカは、5階建て集合住宅の2階からでした。

今日はアンテナ頂部に直径25cmの円形容量冠をセットしたのですが、これはあまり関係ないかなと・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンテナメンテナンス | トップ | キャパシティーハット交換(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL