非論理的、非科学的アパマンハム 7K1JRC/JR2NQC/K1JRC

ベランダアンテナから世界に電波を。目指せDXCC HONOR ROLL! 
理論良く分かりませーん!

XX9D(80m)

2017-02-13 21:40:06 | 接地/カウンターポイズ

XX9Dがスタートしました。

3.5メガのCW、数十局のパイルという感じでしたが記念参加。

たまたま合わせたところが良かったのかピックアップしてもらえました。

このあたりの距離までだったら4mのエレメントでもそこそこ届く感じです。

TL8TTは明日まででしょうか、できるかどうか、その前に聞こえるかどうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ATU接続線変更のその後 | トップ | VP6EU@30m »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (水鉄砲)
2017-02-17 05:23:14
80mでWKDすごいですね。
ところでQRZ.comを拝見したのですがコマーシャルパイロットさんなんですね。
大変失礼ながらお伺いしたいのですが、ヘリ操縦中に(同乗者含めて)トイレ(特に大)に行きたくなった場合、どのようにするのでしょう。実は私は飛行機トイレ恐怖症で、離着陸時にトイレに行けないことに対する予期不安で飛行機に乗れなくなってしまったのです。我慢の秘訣などあれば、と思いまして。ぜんぜん関係ないネタで申し訳ありません。
マグレでした (7k1jrc)
2017-02-17 14:06:34
水鉄砲さん
こんにちは。80mの方はたまたま合わせた周波数が良かったようです。結構、こういうまぐれ当たりが多いのです(笑)
今は”陸の上の河童”ですが、操縦士として主に空撮や遊覧の仕事をさせてもらっていました。QRZ.comの写真は主に撮影現場に向かう最中などに同乗していたカメラマンが撮影したものです。ヘリコプターは基本的に独りで操縦しますし、機体が狭いですのでトイレは不可のため我慢しなければなりません。私は男性には珍しい冷え性ですので、寒いとトイレが近くなります。遊覧飛行でしたら一回に数分、長くても15~20分程度でヘリポートに戻れますのでトイレの心配も少ないのですが、撮影の仕事は長いと3時間程度になります。そこで特に気を付けていたのは、足元を冷やさないことでした。それと途中トイレに行きたくなったらどうしよう?ということは考えなかったということでしょうか。ですから我慢する状態に陥らないように身体を冷やさず、心配もせずというようにしていた感じです。私はヘリコプター以外にも飛行機の飛行時間が長いため、飛行機のトイレの構造は良く存じておりますが、水鉄砲さんはトイレの騒音や、自分が吸い込まれてしまうのではないかということに恐怖心を覚えていますか?
Unknown (水鉄砲)
2017-02-17 17:37:08
トイレネタにも関わらずご回答ありがとうございます。私の場合は、トイレに行けないときにトイレに行きたくなったらどうしよう?という予期不安です。トイレ自身は怖くありません。トイレのことを考えないようにする、事前に水分をできるだけ取らないようにするしかないと思っているのですが体質的に比較的トイレは近いほうで(例えば車や電車の振動が原因で急にもよおすことが何度もあります。路肩のない首都高で渋滞中にトイレに行きたくなって悶絶したり、、、)。実際は小であれば人間の体は1~2時間くらいは我慢できるみたいなので、パイロットの方も、そういうときは日常的に我慢しているのかなあと思った次第です。取り留めなくて申し訳ありません。
不思議と・・・ (7k1jrc)
2017-02-18 12:11:50
水鉄砲さん
操縦中にトイレに行きたくなったことはないように記憶しています。水分は摂るのですが、おそらくはトイレ以外の事に意識が向いていたのだと思います。と言いますのも着陸してポストフライト作業が終わったら、最初にトイレに向かっていましたので(笑)ヘリコプターは低いところを飛ぶことが多いので、高圧線はとても気にしていたのと、今ここでエンジンが止まったらあそこにオートロ(不時着)するかなどと考えながら飛んでいたため、用便に意識が向かなかったのかも知れませんね(^^) 訓練生の時に一緒だった飲み友達が何人か、国内線の大型旅客機で飛んでいますので、今度飲む時にトイレ回数など聞いてみたいと思います。良いネタが出来ました(笑)
ありがとうございました (水鉄砲)
2017-02-18 22:04:25
やはり他のことに意識を集中する(している)というのが大きいようですね。命がけですしね。大変参考になりました。長年の疑問が氷解しました。個人的な悩みにお付き合いいただき有難うございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL