まるたんのSpaceOdyssey

気楽につぶやいていきます。

小池都知事の判断

2017-06-22 20:32:46 | 政治

6月20日、東京都の小池百合子知事が、築地市場の移転問題に関する緊急記者会見を開き、

築地市場を豊洲に移転させた上で築地を再開発し、いずれ何らかの市場機能を持つ「食のテーマパーク」にすると発表、

時期やコストはこれから検討すると述べた。

 老朽化した築地からの移転については、賛成・反対をめぐって、築地の卸や仲卸業者のみならず、

政治家や、構造や土壌汚染の専門家など、市場の内外で意見の対立が続いてきた。

今回、小池知事がぶち上げたプランは、まさに両方の意見の“いいとこどり”。

だが、都議選を睨んだ決定ではなかったのか。

豊洲移転派、反対派両方に配慮した、曖昧な判断だ。

今までの決定が遅れて発生した莫大な維持費はどうするのか、築地をどう変えていくのか具体的なことは

分からない、このことで小池都知事の支持率は急落するかもしれない。

都民ファーストではなく、都議選ファーストなのではないのか。

当初マスコミは小池知事の旗持ちだったが一転手のひらを返してバッシングしている。

期待していたが裏切られた感じだ。

ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪の強行採決! | トップ | 訃報、小林麻央さん死去 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿