まるたんのSpaceOdyssey

気楽につぶやいていきます。

カフェイン依存

2016-10-18 19:18:00 | 健康

カフェインを含む食品は意外に多く、コーヒー・紅茶・緑茶・ココア・栄養ドリンクなどにも含まれている。

カフェインの代表的な効果は、

  • 覚醒作用
  • 集中力アップ
  • 利尿効果
  • 筋疲労を防ぐ
  • 胃酸を増やす

また、コーヒー・ココア・緑茶は、抗がん作用ダイエット効果も期待できる。

カフェインを含む食品には、優れモノが多い。

しかしカフェインを取りすぎると依存症になり不眠や疲れが残る症状が現れる。

さらに、習慣的に多く取っていると離脱頭痛が起こることもあるという。

根本的な解決にはカフェイン断ちが必要。

毎日の摂取量が250mgを超える人は、以下のような症状があらわれやすくなるという。

  • 焦る、不安になる
  • 神経過敏、落ち着きがなくなる
  • 不眠
  • 動悸がする

体重40kgの人なら1日228mgまで、体重60kgの人は1日342mgまでが安全な

カフェイン量とされている。

通常コーヒー4杯位。

飲み物で含まれるカフェイン量は玉露が150ml、コーヒー(エスプレッソ)50ml

インスタントコーヒーは150ml、栄養ドリンク100ml、コーラは500mlになる。

しかし市販薬に含まれるカフェイン量は特に眠気予防薬が500mlも含まれているため

合わせて飲むと取りすぎることになる。

スターバックスにもノンカフェインのコーヒーが注文すればあるというが

お茶ではそば茶、ルイボス茶、麦茶、甜茶、杜仲茶がノンカフェなので

上手に摂るようにしたい。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おじさんの勇気 | トップ | TPP強行採決に農水相言及 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。