7行でわかる年賀状

年賀状に纏わる自分の興味・他人の関心

いつもクリスマスごろに慌てて書くことになる年賀状

2017-07-29 20:48:22 | 日記
毎年年賀状を出すのに、前もって準備しておけばいいものも、
ギリギリになって慌てて書くことになってしまいます。

まだ早いまだ早いといいつつ、いつの間にか年末に近づいているものなのですね。

毎年父がどのイラストを印刷するか要望を聞いてくれ印刷をしてくれます。
その後、住所やメッセージは手書きで書くようにしていましたが、
焦って書くのでいつもどこかで間違えてしまうんですよね。

特に同じマンションに住んでいる友達や、その近くの友達だと、
だいたい住所が一緒で最後の何号室かだけが違うとかなので、
つい、自分の住所を書いてしまうなんてことがありました。
同じマンションなら手でポストに投函すればいいものなのかもしれませんが。

書きまくっていると、本当にだんだん面倒になってきます。
数日に分ければいいものの、結局時間がないからと
一日で仕上げないといけないのですよね。

最後の方になってくると、各メッセージもなんだか適
当になってきてしまうような気もしていました。
おんなじことを書いてしまっているなと。

まだ、イラストだけでも印刷してもらえているのは
ありがたいものだなと毎年思います。

これが全部手書きだったら多分間に合っていません。
そんな中でも毎年一人か二人だけ、手書きのイラストを描くこともあります。

その人はラッキーだなという感じです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たった一枚の葉書、それがと... | トップ | 手がかかるからこそ、込めら... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。