7行でわかる年賀状

年賀状に纏わる自分の興味・他人の関心

写真入りの年賀状のメリット、デメリットについて。

2017-07-17 21:08:01 | 日記
皆さんは年賀状を作成するときは、写真入りにしますか?
もしくはイラストや、小さな干支入りの年賀状にされてますか?

近年はいろんな年賀状を作成する方が増えていて、
特に写真入りのものにする方が多々いるようです。
今回は写真入りの年賀状のメリット、デメリットについて、お話します。

まず、写真を入れることでその家族の様子がよくわかるというメリットがあります。
大人になって忙しくなると、なかなか会うことができない友人が多くなってきます。

なかには一年に一度の年賀状で繋がっている友人も多数いるでしょう。
そんな場合は写真入りの年賀状を送ると、自分自身、
また家族が元気で過ごしているということがわかり、
また相手も安心して懐かしく思うことがあると思います。

特に子供ができて家族が増えたときなどは、
写真入りの年賀状を送ると喜ばれると思います。

それに反してデメリットは、あまり親しくない仕事上での付き合いのみの知人には、
写真入りの年賀状を送っていいものか迷うという点です。

家族構成なども特に伝える必要がない知人にはむしろ、写真入りではなく、
仕事向けの年賀状を別に作成して送るほうが良いと思います。

以上、写真入り年賀状のメリット、デメリットについてお話しました。
来年の年賀状に写真入りにするか否か迷ってらっしゃる方は、
是非参考にしてみてくださいね。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年賀状の減少はSNSと喪中の関... | トップ | 学生時代は書いていたものに…... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。