7行でわかる年賀状

年賀状に纏わる自分の興味・他人の関心

結婚してから年賀状を作成するようになりました

2017-06-10 21:29:37 | 日記
私の実家では年賀状を送る習慣がありませんでした。

親の仕事の関係で大量に年賀状は来るのですが、
父親が特に出世を気にするような性格ではないため
初めの頃は出していたようですが途中から面倒で出すのを
辞めたようなのです。

そのような環境だったので、
小学校高学年の頃は友達に書いたこともありましたが、
私もめんどくさがり屋なのでずっと出していませんでした。

ところが、結婚したらそうはいきませんでした。

主人の家はきちんとしていて年賀状を毎年出しているようでした。
なので、結婚してからは毎年年賀状を作成しています。

子供が生まれてからは子供の写真入りの年賀状を送っています。
子供の写真というのは自己満足なのですが、
周りの友達もみんな子供がいるため気を遣う人はいないので送っています。

けれど、子供の写真入りの年賀状っていつまで送れるのかな?
と思うところがあります。
上の子が小学生の間ぐらいが限界かなと考えています。

私自身、年賀状を出すのは億劫でしたが、年賀状をもらうのは好きでした。
今でも年賀状が届くと3度ぐらいは見直しています。

ただ、何年か分は住所などを確かめたいので置いているのですが、
捨てるタイミングが難しいというのも本音です。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一通の年賀状が思い出させて... | トップ | 年賀状はなくしちゃいけない... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。