7行でわかる年賀状

年賀状に纏わる自分の興味・他人の関心

親になってはじめて書いた年賀状はやっぱり違う

2017-06-16 21:04:45 | 日記
私は毎年、100枚近い年賀状を書きます。
宛名は絶対手書きで書き、
一言コメントを添えるのが私の年賀状のスタイルです。

元々年賀状書くのが好きなので、毎年手の込んだ年賀状を作るのですが、
息子を産んで親になって初めて書いた年賀状は特に思い出に残っています。

その年は本当に色々な出来事があり、
息子を無事に出産する事さえ出来るかどうかわからない年でした。

大変ではありましたが、無事に出産出来て沢山の方々からお祝いを頂き、
幸せにひたっておりましたが、やはり私の体調が思わしくなく、
皆さんにきちんとお礼が出来ぬままでした。

そんなときに、年末年始を迎える時期になり、
今年の年賀状はしっかり、ゆっくり書けないかもしれないなぁ。
と思っていました。

ですが、そんな私の気持ちを察して妹が、
息子のとびきりの笑顔の写真を寄せ集めて印刷をしていてくれました。

コメントも妹が代筆してあげる。
と言ってくれましたが、一言コメントと宛名書きは絶対自分でやりたいから。
と妹に病室に年賀状を持って来てもらい体調を見ながら、
1枚1枚気持ちを込めてコメントを書きました。

すべて書き終えて、年賀状を見直した時の達成感と、
母になって初めての年賀状をちゃんと書き上げれた事に胸がいっぱいになりました。

この年の年賀状は人生で忘れられない思い出です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年賀状はなくしちゃいけない... | トップ | 年賀状って楽しい思い出と経... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。