日本人のための日本国の再建

何か言うと「差別・ヘイトスピ-チ」と云われず、英国国民のように平等な「記事・発言」の記載ができるように!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国会議員でも、人からチクられて「すでに返金!」というのに、ましてや、私企業の給料よりも高額な「給料取得」の県職員でも・・・

2016-12-28 15:13:54 | 日記
女性県職員が風俗店に勤務 病気休職中に 停職6カ月処分 千葉 
人の財産や相続財産を奪取したり、人の金銭を横領するとか、自分の名義を他人に貸し荒稼ぎという行為、極めつけは、司法試験に受かり「法の啓もうや勉強」をしておいて、国会議員に成れば「法で禁止」されている「ガイジンからの政治献金」について人からトヤカク言われれば「すでに返金」という弁護士も存在する時代に、県職員が「「風俗勤務」という行為を人からチクられれば、県職員よりも「安い給料での労働者」が存在しても「経済的理由から風俗勤務」と、女性の行為「容認や認知」する行為が存在するとは?
挙句に、「病気休職中」という行為の中での「風俗勤務」は、「自治労」も女性の「風俗勤務」を黙認し、何らかの「女性の風俗勤務からの恩恵」という行為が存在したゆえに、県や自治労の「御身大切」から「女性だけの停職6か月」という「女性に対する差別・ヘイトスピ-チ」を行ったと思われても、仕方が無いのでは?
しかし、県も上司も「女性の経済的理由から容認」とは、「公務員の副業やアルバイトなどの禁止」は憲法下の「法の平等」からしても、「上司や県」も「女性」と同様に罰せらあれるべきで、女性だけに「罰する行為」は、「差別・ヘイトスピ-チ」では?
もし、上司も県も「法的罰則が無い!」という事は、いかに「差別・ヘイトスピ-チ法」が、戦勝国米国の「禁酒法」のように「差別・ヒトスピ-チ法が悪法」であるか理解できるのでは?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎日を、「蝶ヨ!、花ヨ!」... | トップ | 「差別・ヘイトスピ-チ法」... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。