gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水理学

2010-03-01 23:47:18 | 日記
水理学と静水学に関する表。サイクロペディア(1728年)より水理学(すいりがく、英語: hydraulics)とは、水の流れに関する力学を研究する学問である。水力学とほぼ同じ学問であるが、概要で述べるように、歴史的・伝統的、その他の理由により両者は区別される。概要 水理学と他の学問との関係[1]古代四大文明が全て河川に沿って誕生・発展したように、古来から水と人間の生活は密接な関係を持っており[2]、その中で「水理学」は特に水の物理的挙動(流れ)を対象とした学問であり、河川工学、海岸工学、水道工学、水資源工学、農業工学、防災工学などの基礎となっている[3]。流体力学の一分野である「水力学」(すいりきがく、英語: hydrodynamics)も同じく水の流れを研究する学問である[1]。しかし歴史の項で述べるとおり、流体力学は18世紀に誕生した学問であるが、水理学は水力学(流体力学)が誕生する前から存在しているため、現在では歴史的・伝統的に区別される風潮がある[4]。 実際に、土木工学や農業工学等では「水理学」と呼ばれるのに対し、機械工学や化学工学の分野では「水力学」が使われる[4]。 その他、水理学と水力学・流体力学ではエネルギー逸散率の取り扱いが異なる[5]。 また、「学問的に水理学は水力学の下位にある」と言われることもある[5]。 一方、基礎力学の確立と流体力学の誕生で述べるように、ダニエル・ベルヌーイとヨハン・ベルヌーイは、『Hydrodynamica』(水力学)と『Hydraulics』(水理学)という本を1738年と1742年にそれぞれ出版しており、当時は水理学と水力学の区別がなかったと考えられる[5]。学問体系水理学の学問体系はおおむね以下のようになっている[6][7][8][9]。 水理学の大まかな学問体系図[10]応用例水理学は以下のような場所で現実へ応用されている[6][7][8][9]。歴史水理学の歴史は古く、静水力学の基礎は紀元前から存在する[11]。以下にその歴史の概略を示す[12]。古代における水理学 アルキメディアン・スクリュー古代の四大文明はそれぞれ黄河、インダス川、チグリス川・ユーフラテス川、ナイル川という大きな河川の周囲で発達した。これにより、人間の生活と水の流れが結びついたが、この時代の水理学は科学的な理解はほとんどなく、経験的な技

辺野古移設「かなり難しい」=普天間めぐり-沖縄知事(時事通信)
山スキーで不明の4人を発見 長野県警(産経新聞)
訃報 永田法順さん74歳=最後の琵琶盲僧(毎日新聞)
市税・市営住宅家賃滞納、大阪市職員60人処分(読売新聞)
ストーカー容疑のノエビア・大倉副社長退任(読売新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民、予算審議拒否の構え=... | トップ | <小林氏陣営違法献金>小林... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。