板前けん 40歳からのパワトレ 愛知県在住

ロードバイクのレースではあっという間に先頭集団から遅れてしまう貧脚が、トレーニングによって変われるのか?

ZWIFTのコミュニケーションは定型文で

2017-03-06 15:28:30 | ZWIFT

ZWIFTの特徴の1つとして、他のライダーとのコミュニケーションがあげられます。

グループ・リーダーからのコメントは画面中央にデカ文字で、


個人のコメントはライダー名の横、又は右上に小さく表示されます。(見にくいですが、吹き出しマークの所です。)


語学力の無い板前は、もちろん英語も苦手であります。特に長文だと何を言っているのかさっぱり分かりません。


短いコメントならば何を伝えたいのかある程度は理解できますが、

返信するのが大変なのであります( .. )

回復走ペースならまだしも、レース中に英語入力なんて、

無理っ!




今日の100kmのイベントでも、集団のペースをどうするかで意見が出るのですが、

"35kphやthat way"

と入力するだけでも、集団から千切れかねませんし、

英語のスペルに自信がないとコメントを書くのも二の足を踏む事がよくあります。


そんな時、定型文であらかじめ英文を作成しておけば比較的楽にコメントも出せそうなので、今後ZWIFTでオススメな定型文も紹介していければなと思っております。




本日のトレ 2時間32分 TSS 228.3 CTL 104.3

毎週月曜日恒例の100km Rido

END Sunday Century

96人スタート!


徐々に先頭集団を形勢していきますが、3.4人カッ飛んで行くも速すぎて見送ります。

幾度となく続くふるい落としに耐えて行きます。

最近多い、スクショエラー!

スマホのZWIFTアプリで、スクリーンショットをすると10秒程、画面が固まってしまう事があります( .. )

下の画面は、フリーズした後の画像です。必死で追いかけます!


途中、コメントで、

"1人遅れた"

と表示されます。


集団のペースが落ちて合流。

"助かった"

けど全力で踏み続けたので辛い、

"HAHAHA"

とコメントを出してみると、

暫く回復走ペースで落ち着きます。

"ありがとうみんな"

と感謝の気持ちを込めて、お礼に前を引きます。




残り10kmを切るとあれだけ沢山だった集団の人数も3人となってしまいました。

ここでカナダ人の方がペースアップ。

必死で食らいつきすが、板前は付き位置で精一杯です( .. )


前に出ろ!と言わんばかりに、

エルボーサインが出ます。


このままでは、卑怯者のレッテルが貼られそうですので、ダンシングで出せるだけのパワーを振り絞ります。

暫くして先頭交代をすると、

"1 more"

とコメントが出ます。


こうなったら、脚がブチ壊れるまで回してやる!

限界まで追い込んで、力尽きます( .. )


カナダ人の方は、とんでもないスピードでゴールへと消えて行きました。


残り1kmスカスカになった脚で100kmを迎えようとすると、ゴールしたカナダ人から

"Go.Go.Go K"

とコメントが表示されます。

"部活の先輩みたいなやつだな〜"

と思いながらも、乾いた雑巾を絞り取るようにもう1度追い込んで、

ゴール!

カナダ人のおかげで限界突破出来たような気がしますが、

その代償も大きく

一昨日の100kmに続いて、回復走すら出来ず終了となりました。



疲労が残りそうなので夕方に回復走15分。






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 回復走って本当に効果あるの? | トップ | 直近の練習日記 »
最近の画像もっと見る

ZWIFT」カテゴリの最新記事