湯河原・福浦港/竹蔵丸の「めざせ!天然生活」

相模湾西部をホームグランドとする竹蔵丸の幅広い釣りと、魚料理の上達をめざす、ドタバタをゆる~く紹介するブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

念願の真コンブを手に入れた!

2013-11-26 | 雑記
南かやべの真コンブ


臼尻の真コンブ/左が棒で、右が板状に伸ばしたもの/




44センチ1,5キロサイズのキジハタ。脂がよく乗っている/


150gか170gぐらいの大きなジグで釣れた/

10年前、日本半周4000キロの小型ボートの旅をしたおり、北海道の南東部、臼尻港で地元の人にかなりの量のコンブをもらった。

それからというもの、釣った魚を刺身で食べるときはほぼ昆布ジメにし、煮付けの出汁にもたっぷりとコンブを使った。
それまでまったく知らなかったのだが、ここの真コンブは特別すばらしい出汁が出るのである。
そのときの味が忘れられず、最近ネットで調べてやっと取り寄せたのだ。

値段はこれ一袋が200gで1000円ちょっと。そのへんのスーパーで買ってもほとんど変わらないぐらいだろう。
だが、味はまったく別物。見た目も違うよね。

白身魚の刺身をあまり食べない私だが、これで造った昆布ジメはほんとに旨い。
写真は旅の最後の佐渡で釣り上げた大きなキジハタを昆布ジメにしたもの。残り半身と頭などのアラは昆布をたっぷり入れて煮付けにした。

柵に取った身を酒をたっぷりしみ込ませたコンブでつつみ、ラップでくるんで一時間もおけば別物に変身する。
今度大きなアマダイかイトヨリが釣れたら試してみよう。

下は以前紹介した臼尻のコンブ。
http://white.ap.teacup.com/applet/takezou/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%90%5E%83R%83%93%83u&x=25&y=8&inside=1


12月予定

  3 4  6   9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

この記事をはてなブックマークに追加